アリババがアフリカECに進出?ルワンダ政府と連携しEC利用促進を視野に入れた産業振興に乗り出す

ECのミカタ編集部

JETRO(日本貿易振興機構)によれば、ルワンダ政府と中国の電子商取引(EC)大手アリババ集団は10月31日、ルワンダに「世界電子商取引プラットフォーム」(eWTP)を設立することが明らかとなった。

アフリカ初の参加国であるルワンダ

同機構によれば、eWTPは2016年にアリババ集団が打ち出した構想で、越境ECの国際ルールを民間主導で形成、個人や中小企業を育成し、小規模商取引を拡大することを目的としている。

2017年にマレーシアが初めてのパイロット国に名乗りを上げ(2017年8月10日記事参照)、2018年にはベルギーに欧州拠点が設立されている。ルワンダはアフリカで初めてeWTPに参画する。

個人や中小企業を育成し中国向け輸出の拡大を目指す

ルワンダの民芸品「アガセチェ」とルワンダ産コーヒー(ジェトロ撮影)

ルワンダ開発局(RDB)はeWTPを通じ、コーヒー、紅茶、民芸品を生産・製造する個人や中小企業を育成し、中国向け輸出の拡大を目指すとしている。また、アリババ集団が有する旅行商品取引プラットフォーム「フリギー」(Fliggy)上で、観光客誘致に取り組むとしている。さらに、アリババ集団の子会社アント・フィナンシャルは電子決済に係る技術提供や能力開発の分野でルワンダを支援する。

ICT立国ルワンダに向けて

同機構によれば、アリババ集団が全世界で展開するネットビジネスの2017年の年間取引額は320億ドルで、ルワンダのGDPの4倍に相当する。ICT(情報通信技術)立国を目指すルワンダにとって、魅力的な市場となる。

同様に各国の通信当局によると、インターネット利用者の人口比率はルワンダ37%、ケニア72%、タンザニア40%で、モバイルマネー利用額のGDP比率はルワンダ16%、ケニア50%、タンザニア55%。2010年以降、民間企業主導でキャッシュレス化が進んだケニアなど隣国に比べ、普及率は低い。

冷戦終結後も幾度となく動乱に見舞われてきたルワンダ。その潜在的成長性は他のアフリカ諸国同様に大きなものがあるだろう。また、中国は国策としてアフリカ全域での権益拡大にまい進してきた。そうした中国政府の思惑を含め、中国発の巨大ECプラットフォームであるアリババが、ルワンダでいかにして市場形成に向けた具体的な施策を打つのか、ルワンダの物流や決済がどう変化するかに注目が集まるところだろう。

 ECノウハウ

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
新規会員登録