世界TOP10都市のうち6都市がアジアから。『外国人訪問者数 世界TOP100都市(2018年版)』公表

ECのミカタ編集部

国際的な市場調査会社、ユーロモニターインターナショナルは今回、最新調査レポート『外国人訪問者数 世界TOP100都市(2018年版)』を公表した。

大阪が117ランクアップ

ユーロモニターインターナショナルによれば今回のランキングでは、2017年、世界で最も外国人訪問者数の多かった都市TOP10のうち、6都市がアジアからランクインした。1位、2位の香港とバンコクの他に、シンガポール、マカオ、クアラルンプール、深圳がTOP10入りしている。

日本からは、14位に東京、30位に大阪がラインクインした他、京都と千葉もTOP100入りした。同社によれば注目すべきは大阪で、2012年からランクを実に117上げ、2018年の訪問者数も13%増と予測されている。特に中国人旅行者の増加が見られ、2020年の東京オリンピック開催の恩恵を受けることも考えられるとしている。

ユーロモニターインターナショナルの旅行業界コンサルタント、ヴォウター・ギアーツ(Wouter Geerts)氏は、今回の調査に際し次のようにコメントしている。

「今年のランキングではアジアの都市が引き続き上昇し、TOP100都市のうち41をアジアが占めています。37都市だった2012年から着実に増加しており、特に日本とインドの都市におけるインバウンドの訪問者数の伸びが際立っています」

中東・アフリカ地域の都市は軒並みランクダウン

一方、ランクを大きく落としたのが中東・アフリカ地域の都市で、チュニジアのジェルバやスース、エジプトのシャルム・エル・シェイクはこの数年でランク外となった。テロの発生やそれに伴う需要減が主な理由となっている。

対照的に、2016年の政治的緊張の高まりや治安情勢の悪化で訪問者数が大幅に落ち込んでいたトルコの都市では、比較的平穏な状況が戻ったことから、イスタンブールやアンタルヤが勢いを取り戻しつつある。

注目すべき3都市

世界TOP10都市(外国人訪問者数ベース、2017年、同社資料より)

今年のレポートでは、初めてTOP100入りした3つの都市についてもハイライトしている。

◆バタム(インドネシア)
インドネシアのバタムは、2012年から31ランクを上げ、強いアジア勢の仲間入りをしている。今後も引き続き訪問者数の増加が予測され、2018年の訪問者数は12%増となる見込みだ。

◆サンティアゴ(チリ)
チリの首都であるサンティアゴは、2017年に訪問者数が18%増と健全な成長を見せ、2012年から17ランクを上げて93位にランクインした。

◆ポルト(ポルトガル)
2012年からランクを42上げ、今回初めてTOP100にランク入りした。2018年の訪問者数も7%増と順調に伸びる見込みだ。ポルトガルは、2018年のワールド・トラベル・アワードでヨーロッパのリーディング・デスティネーションを受賞している。

越境ECの動向にも直結するインバウンド需要

ギアーツ氏は次のようにコメントを結んでいる。

「2018年の世界のインバウンド訪問者数は5%増の14億人と見込まれます。また、同年のTOP100都市への訪問者数は7.5%増加する見込みです。ランキング上位都市への訪問者数の増加率が世界全体の平均増加率を上回る傾向が続き、世界の旅行産業で都市部の重要性が高まっています」

日本においてインバウンド需要の喚起は、国策として官民挙げた施策が各所で展開されている。大阪へのニーズの高まりは目を見張るものがあり、東京や京都といった都市も根強い人気があることが今回の調査からも明らかとなった。

訪日外国人観光客は、日本での買い物を通して日本製品のファンになり、帰国後もECを通して継続して商品を購入するロイヤル顧客となり得る重要な存在だ。インバウンド需要の喚起は一事業体のみでは遂行が難しいこともあり、今後も官民挙げた施策の展開が望まれるところだろう。それは世界のライバル都市を前に今後もインバウンド需要を日本の都市に向けさせる上でもカギとなってくる。

 ECノウハウ

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
新規会員登録