実店舗の負担を軽減!アトモス(atoms)のアプリリリースへ

ECのミカタ編集部

株式会社ランチェスター(本社:東京都港区/代表:田代健太郎)は、株式会社テクストトレーディングカンパニー(本社:東京都渋谷区/代表:本明秀文)が2019年2月1日にリリースしたスマートフォンアプリ「atmos app」の開発をおこなったことを発表した。

アプリリリースの背景

アトモス(atoms)は、株式会社テクストトレーディングカンパニーの展開するブランドで、スニーカーを中心としたアパレル商品の販売をおこなっている。
人気スポーツブランドとのコラボレーションや限定アイテムの販売などもおこなっており、人気アイテム販売の際には店舗に多数のユーザーが来店。
来店時の混雑がユーザーにも店舗にも負担となる、という課題があった。

今回、一部スニーカー販売時に実施する段階的な抽選機能をアプリに実装した。
店舗オペレーションのスマート化が期待される。
また、アプリからのみ購入できる限定商品の展開や、限定情報の配信を予定しており、アトモスらしいファンとのつながりをさらに深めるアプリとなっている。

atmos app概要

atmos appの主な機能は以下の通り。
1)抽選機能
人気商品の販売時に実施する複雑な抽選の仕組みを、EAPのクーポン機能をベースに開発・実現。
これまでは抽選専用アプリと店舗での抽選とを組み合わせておこなっていたが、すべてアプリ上で完結できるようになった。

2)コマース機能
コマース機能を活用し、スマートフォンやPCブラウザ経由では購入できない、アプリ限定商品の販売を予定。

3)ニュース機能
アトモスで扱うアイテムの情報など、ブログやSNSで配信している情報をアプリ上で見られるようになる。
EAPのフィード機能によって、ブログやSNSの配信情報をアプリに同期できるため、運用の負荷も軽減される。

4)会員証機能(2019年春追加予定)
これまでECサイトでのみ運用されていた会員システムを店舗にも拡大し、店舗での購入時にもアプリを通じてポイントを貯めたりできるようになる予定。

モバイルアプリプラットフォーム「EAP」とは

株式会社ランチェスターの提供するプラットフォーム、「EAP(Engagement Application Platform)」は、ブランドとファンとのより良い関係を支えるための機能を備えた、モバイルアプリの開発・運営を可能としている。
高いカスタマイズ性でブランドの世界観を表現し、社内外に点在するデータやコンテンツを集約・最適化する。
ファンとのコミュニケーションの質を高められる設計となっているのが特徴だ。
すでに多くのファッションブランドに取り入れられている。

ユーザーと店舗、相互が安心してファッションを楽しむために

限定セールなどで店舗が人でいっぱいになる光景は、売上が好調であることの証でもあるが、実際にはユーザーも店舗も負担に感じている。
もちろん、負担に感じても欲しいものは一刻も早く購入したい、というのがファンの心理。
そのニーズを満たしつつ身体的な負荷を軽減できるのは、ECの強みでもあるだろう。

 

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
新規会員登録