ECアプリ継続率は高いが、アドフラウドは依然として課題に

ECのミカタ編集部

adjust株式会社(は、モバイルアプリ市場の動向とその成長についてカテゴリー・国別にまとめた「Adjust Global App Trends 2019」レポートを発表した。

アプリの成長が最も著しいのはインドネシア

今回、Adjustが集約した2018年の上位1,000のアプリから得た匿名データを基に調査が行われ、その規模は70億のインストールと1,200億のセッションにも及ぶ。

1ヶ月あたりのインストール数をMAU(1ヶ月のアクティブユーザー数)で割り、カテゴリーと国別に計測し、成長指標を算出した。これによって1ヶ月のアクティブユーザー数に対するインストール数の成長の割合を知ることが可能となる。

東南アジア最大の経済を誇るインドネシアは、アプリ市場において最も成長の著しい国であり、ブラジル、韓国、マレーシア、トルコがそれに続く。また、カテゴリー別に見るとミッドコアゲームが最大の成長を見せ、他にはライドシェア、配車サービス、タクシー関連、ビデオやマッチングアプリも上位にランクインした。

1週間後には平均して79%のユーザーが離れる?!満足度が高いアプリとは

今回のレポートでは、成長率の高いアプリの満足度を図るために、インストール後の継続率やセッション数にも焦点を当てた。

結果、インストールしてから1日後には平均して69%のユーザーがアプリから離れているということがわかった。7日後で見ると平均で79%のユーザーが離れていっている。

カテゴリ別で最も成長したミッドコアゲームも、7日間のあいだに10%のユーザーが離れている。

その中でも、ニュース(31%)と漫画(28%)は比較的高い継続率を誇っているという結果になった。日本では、ミッドコアゲーム、マッチングアプリといった成長率の高いアプリに加え、音楽アプリなどのセッション率が高く、比較的高いエンゲージメントを示している。

3億件の不正インストールを削除!まだまだ根強いアドフラウド

モバイルマーケターにとっても、アドフラウドは依然として根強い問題だ。Adjustは2018年に約3億件の不正インストールを削除したとしている。

そしてターゲットとなるサイトはCPAが比較的高いECも非常に多いという。ただでさえデジタル広告は高騰しており、それに加えてのアドフラウドとなると事業者へのダメージは甚大だ。

今後、デジタル広告を継続していくつもりの事業者は然るべき対応を行っておかなければいけない。

 


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事