顧客対応時間の短縮をアシスト 「Re:lation」と「頑張れ♪店長!・店舗アップ♪」との連携で実現

ECのミカタ編集部

株式会社インゲージ(本社:大阪府大阪市、代表取締役:和田 哲也)の提供する、問い合わせ対応コミュニケーションクラウド『Re:lation (リレーション) 』と、株式会社日本ビジネス・サポート(本社:新潟県新潟市、代表取締役:丸山 敏幸)の提供する、受注一元管理システム『頑張れ♪店長!』『店舗アップ♪』が業務提携をしたことを公表した。

顧客対応漏れゼロを目指す『Re:lation』

『Re:lation(リレーション)』とは、企業が行う問い合わせ対応業務において、対応漏れ・ミスを「ゼロ」にするクラウドサービスだ。「対応済か否かを一目で判別」「二重対応をブロック」「送信事故を防止する」機能などを備え、対応ミスによる炎上や送信事故を未然に防ぎ企業ブランドを守る。

またLINEやFacebookメッセンジャーのように個々のメール相手とのやりとりを「タイムライン」で表示する機能や、KDDI株式会社が提供するauメールとしてメールを送受信する携帯メールオプションなど数々の機能により「ひとりひとりの顧客に向き合える」対応ツールとなっている。

さらにRe:lationは、メールだけでなくTwitterにも対応しているため、気になるツイートを自動収集し、容易にソーシャルリスニングやアクティブサポートが行える。

メール対応品質を向上するための機能として上司承認時の内容比較や、対応時間・問い合わせ内容のグラフ化などの機能で問い合わせ部門管理者のマネジメント強化に貢献する。これらの多様な機能で問い合わせ対応部門の効率をアップし、より上質な対応を通してピート顧客を増やしビジネスチャンスの拡大に寄与する。

受注・発送一元管理の『頑張れ♪店長!』『店舗アップ♪』

一方の『頑張れ♪店長!』『店舗アップ♪』とは、複数店舗の受注管理から発送管理までの処理をシステムで一元管理できるサービスだ。

『頑張れ♪店長!』『店舗アップ♪』ともに主要モール、ショッピングカートなど、注文データがCSVでダウンロードできるサイトであれば、まとめて受注管理ができる。

データ取り込み後は、 店舗を意識することなく一括で受注処理ができ、注文内容に合わせたメールを一括作成・送信することも可能だ。『頑張れ♪店長!』は2001年に誕生し、これまで1000店舗以上のネットショップが活用している。

『店舗アップ♪』は、『頑張れ♪店長!』で好評を博した機能の拡張性はそのままに、価格を抑えて2014年11月に販売を開始、従来比の3倍の処理速度で受注管理効率を高めているとしている。

連携実現で顧客対応時間の短縮に寄与

連携イメージ

同社では、いまやひとつのシステムで業務が完結することは少なく、システム間の連携機能が業務効率を大きく左右するとしている。そうした状況を前にこの『店舗アップ♪』との連携においてRe:lation顧客の対応にかかる時間短縮に寄与することになる。

連携際して期間限定のキャンペーンも実施される。

◆【期間限定キャンペーン概要】

<新規申込みのユーザー>

[ライトプランの場合]
外部システム連携オプション追加申し込みで、初期費用と契約初月が無料に。

[スタンダードプラン・プレミアムプランの場合]
初期費用と契約初月が無料。
※ライトプラン単独の申込みの場合は適用対象外。

<すでにRe:lationご利用中のユーザー>

※ライトプラン利用のユーザーに限り、
・外部システム連携のオプション追加料金(月額5,000円)が3か月無料。
・スタンダードプランへのプランアップ→差額の初期費用35,000円が無料。

<キャンペーン期間>
2019年5月7日(火)~2019年6月30日(日)

業務効率化でEC事業をアシスト

Re:lationは2017年1月に他システムとの連携機能をリリースし、相互のシステムからそれぞれの画面を呼び出すことが可能になった。今回の連携で『Re:lation』と『店舗アップ♪』の相互で簡単にリンク可能になり、それぞれの管理画面から連動した顧客情報を素早く表示する事が出来るようになるのだ。

言うまでもなく顧客対応は消費者との信頼関係醸成にとって重要であり、その積み重ねは事業体やブランドの価値に直結し得る。一方で顧客対応へ割けるリソースに限りがある場合が多く、こうしたシステム連携を通した効率化は、悩めるEC担当者にとっての朗報となることだろう。

販促カレンダー2019


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事