「受注・在庫管理・発送」を大幅自動化!『EverCart』と『NetDepot』との連携で実現

ECのミカタ編集部

株式会社エスアイアソシエイツが提供するショッピングカートシステム「EverCart(エバーカート)」に、物流アウトソーシングサービス「NetDepot(ネットデポ)」との連携機能が実装された。同社ではこの連携によりECサイト運営の現場で商品発送業務の手間とコストを大幅に削減できるとしている。

発送業務などの自動化を実現

「EverCart(エバーカート)」は、エスアイアソシエイツが独自開発し、2019年5月にバージョンアップしたSaaS型ECプラットフォーム「ネクストエンジン」に対応したCMS機能搭載のショッピングカートシステムだ。

同システムが6月26日(水)から物流アウトソーシングサービス「NetDepot(ネットデポ)」との連携により商品発送業務の自動化を実現した。

東京システム運輸ホールディングスが開発・提供している「NetDepot(ネットデポ)は1坪から利用できるネットショップ向けのバックヤード全般を引き受ける専門倉庫で、1坪月額6,500円(税別)から導入・活用できる物流アウトソーシングサービスだ。

自社ECサイトで実績

エスアイアソシエイツでは自社運営ECサイト「Flavia(フラビア)」(「Flavia Coffee Store(フラビアコーヒーストア)」)において、「EverCart(エバーカート)」と「NetDepot(ネットデポ)」との連携機能が導入され確かな実績を上げているという。

「Flavia」に受注があった際、受注データの作成・加工、アップロードなどの必要なく在庫管理システムと連携して商品の自動発送を行う。自社ECサイト運営の現場で、大幅な業務の効率化とコスト削減を実現しているとのことだ。

「ECサイト・在庫管理」の業務効率化とコスト削減へ

同社では「EverCart」が新たに実装する「NetDepot」との連携機能を活用することで、次のような業務の効率化とコスト削減を実現できるとしている。

◆ECサイトでの受注データと在庫管理との連携業務を自動化

受注データを在庫管理システムへ反映させ、発送手続きをする業務を自動化することができる。

◆ECサイト・在庫管理システム双方の業務とコストを削減

ECサイト運営側、在庫管理システムともに受注から発送に必要なデータを作成・加工する必要がなく、業務効率化とコストの大幅削減を実現できる。

このようにECサイト構築運営システムと倉庫を活用した物流アウトソーシングサービスが連携することによって、受注と在庫管理、発送に至る業務が大幅に自動化され、これによって業務の効率化を実現してコストの削減に寄与することになる。この新たな連携によって多くのEC事業者のビジネスをさらに加速させることになりそうだ。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事