生産者がスマホで農産物を出品!直売マーケットプレイス「OWL(アウル)」提供開始へ

ECのミカタ編集部

レッドホースコーポレーション株式会社(本社:東京都江東区/代表:周泰鳳、以下「レッドホース」) はこの度、直接売買マーケットプレイス「OWL(アウル)」の提供を2019年11月に開始する。

農産物販売ルートの課題

国内の生産者で生産される農水産物は、卸売市場、小売業者など複数の流通事業者を通して販売されるのが一般的だ。

しかし、この販売ルートで販売する際には、定められた流通規定に従う必要がある。
例え品質が優れていたとしても、規定の範囲に該当しない農水産物は全て販売できない、という現状があった。

複数の流通事業者を通じて販売するため、生産者の収益率は低く、消費者の声も直接届かない、というのも、従来の販売ルートの課題だった。

こうした状況を打破すべく、生産者自身で新たな販路開拓をする動きが見られるものの、販路開拓を実現した生産者はごく一部に限られる。

一方で、消費者の食品の安全性に対する意識は年々高まり続けている。

食品の安全・安心を求め、特に首都圏や大都市を中心に、食材から吟味したこだわりの料理を提供したり、直接農家と契約したりする飲食店が増加してきた。

ふるさと納税でのサポートノウハウを活かしたサービス提供へ

レッドホースはこれまで全国25ヶ所に展開する営業拠点を通じて、ふるさと納税における自治体および事業者への多角的なサポートを展開してきた。

現在、約250の地方自治体と、6000を超える生産者・事業者との契約・取引を実現している。

これらのノウハウを生かし、地方自治体が推薦する優良生産者が、高品質な農水産物をオンライン上で自由に直接販売できるマーケットプレイス、「OWL(アウル)」の提供を開始することを発表した。

生産者も消費者もうれしい「OWL(アウル)」とは

「OWL(アウル)」は、オンライン上で生産者が農水産物を消費者に直接販売できるウェブサービスだ。

アウルに参加する生産者は全て地方自治体が推薦する優良生産者のため、消費者は安全・安心で高品質な農水産物を購入することができる。

アウル内では生産者と消費者がチャットを通じて自由にやり取りが可能。

生産者は自身が作った農水産物の良さを直接アピールでき、購入を希望する消費者の疑問を解消することもできる。

また、生産者自身が自由に価格設定できるため、従来の販売ルートよりも高い収益率を実現することも可能だ。

EC上のコミュニケーションが生産者と消費者をつなぐ

人と人とのコミュニケーションができるようにするだけで、ECの可能性は広がり、地方と地方、これまで離れていた生産者と消費者の距離を一気に縮めることができる。

アウルやふるさと納税のような地域の垣根を超えたサービスの実現をインターネットが可能としている今、よりアウルのようなサービスが増えていくのではないだろうか。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事