サービス一新!ukka誕生。生産者のファンをつくるプラットフォーム

ECのミカタ編集部

株式会社ukka(本社:東京都千代田区/代表:谷川佳、小林俊仁)が、2019年9月13日(金)より、自社の運営する一次産業のD2Cプラットフォーム「OWNERS(オーナーズ)」のサービス内容を一新し、サービス名を「ukka(ウッカ)」としてフルリニューアルすることを発表した。

物語で一次産業と食卓の未来をつくる「ukka(ウッカ)」

今回、サービス内容を一新するとともに、サービス名も「OWNERS」から社名の「ukka」に変更した。

「ukka」の由来は穀物・食物の意味を持つ日本の古語「ウカ」に由来する。

昆虫が幼虫やさなぎから成虫になる「羽化」ともかけており、食のあり方を根本から変え、価値ある食材と背景を消費者に広く届けていきたい、という思いが込められている。

ukkaは、生産者にファンができることで経済的に安定する仕組みを実現していこうとしている。

生産者の物語や食事ができるまでのストーリーを、リアルタイムで消費者に伝える生産レポート、食材が届いた消費者から「ごちそうさまコメント」をもらうなどで、消費者と生産者と双方のコミュニケーションをとっていく。

「ukka」の特徴

今回のリニューアルで大きく変わったのは、商品の購入方法だ。

欲しい商品をいつでも購入できる「都度購入」
収穫や生産の事前に予約注文を行う「予約注文」
気に入った食材が定期的に届く「定期購入」
生産者の年間会費として、収穫など特別な体験ができる「Farm Membership」
の4つだ。

これらの販売方法に加え、同じ生産者から継続的に購入する消費者は特別価格でも購入が可能になる「生産者と深い関係を持つユーザーがよりお得に利用できる仕組み」を実現した。

2015年12月より運営してきた「OWNERS(オーナーズ)は、「オーナー制度」のプラットフォームとして5,000名を超える消費者、100以上の生産に利用されている。

今回のリニューアルで、日々の食卓やギフトを含め、「オーナー制度」の枠組みを超えた商品の購入機能が追加された。

ユーザーの多様なニーズに対応可能となり、生産者の出品数も約5倍の増加を見せた。

生産者が継続的な売上を生み出せる環境に

これまでの「OWNERS」では、「作り手や商品の背景を伝える記事」と「予約注文だからこその特別な届け方ができる」という特徴を活かしたことで、食材本来の魅力をひkだし、生産者が自身のファンを獲得する成功事例が多く生まれていた。

リニューアル後も、より一層生産規模や産地にかかわらず、商品の質や価値を追求する生産者がukkaに参加することで、自身の理解者やファンを増やし、継続的な売上を生みだせる環境をととのえていく。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事