BASE、マザーズ上場承認へ。誰でもつくれるネットショップサービスの幅を広げる

ECのミカタ編集部

BASE株式会社(本社:東京都港区/代表:鶴岡裕太)は2019年9月20日、株式会社東京証券取引所(以下「東京証券取引所」)より、東京証券取引所マザーズへの新規上場を承認された。

2019年10月25日上場

BASEは言わずと知れたネットショップ作成サービス「BASE」をメインに、成長し続ける企業だ。

2012年の創立以来、「Payment to the People, Power to the People.」をミッションに掲げ、サービスの充実に励んできた。

2019年9月20日、東京証券取引所にマザーズへの新規上場が承認された。

上場日は10月25日(金)を予定。

以降は東京証券取引所においてBASEの普通株式の売買が可能となる。

設立から7年で上場

2012年に設立し、上場までおよそ7年。

昨今は2年、3年、5年と比較的短いスパンで上場する若手企業が多い中で、早いとは言い切れないが、堅実に実績を重ねてきた結果と言えるだろう。

もともとは代表の鶴岡氏がインターネットが好きというところからスタートしたのがBASEだという。

社員が増えるにつれ社員にも家族がいることに気付かされ、今日のように「お母さんでもネットショップがつくれる」と、誰でもインターネットを扱える今のニーズに沿ったコンセプトを打ち立てた。

上場後は、誰もがつかいやすいサービスの実現に向けてできることも増えていくだろう。

今後のBASEの発展に期待したい。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事