LINE上で動きLINE Payも使える ECサイト構築のecbeingがEC&店舗向け新アプリの提供を開始

ECのミカタ編集部

株式会社ecbeing(イーシービーイング 本社東京都渋谷区、代表取締役社長:林 雅也、以下「ecbeing」)は、中堅大手向けECサイト構築パッケージ「ecbeing」で 、LINE株式会社が提供するLINE、及びLINE Pay株式会社が提供するLINE Payを使ったインストール不要のスマホアプリ・EC+店舗向けソリューションの提供を開始することを公表した。

LINE上で稼働しキャッシュレス決済とも融合

スマートフォンアプリの利用をうながす上で、自社アプリの導入は注目度が高いものの「1度しか利用されない」「1ページ目のホーム画面に随時利用するアプリとして登録されない」といった課題がある。こうした「ホーム画面争奪戦」が随時利用するアプリの固定化と年々増え続けるアプリによってさらに激化しているという。

そこ課題を前に今回提供が開始されるサービスを活用することにより、LINE以外の新たなスマホアプリが不要で、ECと店舗で利用可能な会員カードが即時発行可能となり、店舗とECの会員統合からユーザーへのプッシュ通知や店舗とEC間のポイント共有などの利用がLINEを通じて可能となる。

さらにLINE Payの導入も包含することにより、店舗送客~会員~決済まで一通りの流れについてLINEを通じて実現することが可能となったのだ。

ecbeingの強力なCRM機能が利用できる

また会員はすべてecbeingに統合されるので、ecbeingの強力なCRM機能を利用可能となる。ecbeing CRM機能により、リアルタイムにデータを収集・セグメント化して即時、クーポンの配信等がすべて実現可能となる。

スマホアプリとECが分離している従来の展開方法だと、会員の連携やアプリからのプッシュ通知等が個々のシステムで対応する形となり、利用するシステムの数も増えることから運用コスト増やさらに運用も煩雑化する傾向にあった。

しかし今回のサービスのリリースにより、LINE以外の新たなアプリを別途用意することなく、さまざまな運用面、集客面、コスト面のオムニチャネルの課題を ecbeingで包含して解決できるようになる

LINE公式アカウントが無くても導入可能

このサービスの実施にあたり、LINE公式アカウントが必要となるが、ecbeingはLINE公式アカウントの店舗向けセールスパートナーとなるので、LINE 公式アカウントを保有していない場合でも、ecbeingが対応することによりトータルサポートが可能となるそうだ。

なお同サービスは段階的なリリースを予定している。

◆1stフェーズ
LINE のショップカード機能+外部ソリューションを活用した LINE のメッセージのセグメント配信+LINE Pay

◆2ndフェーズ
LINE のショップカード機能+ecbeing 内での LINE のメッセージのセグメント配信

ECサイト構築パッケージとLINE上で稼働しキャッシュレス決済ともシームレスな統合を図れる同サービスは、新時代のECに対応した有用性の高い内容となったようだ。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事