「PayPay」がたくさんもらえる!「いい買い物の日キャンペーン、期間限定で実施

ECのミカタ編集部

ヤフー株式会社(本社:東京都千代田区/代表:川邊健太郎)、ソフトバンク株式会社(本社:東京都港区/代表:孫正義)およびPayPay株式会社(本社:東京都千代田区/代表:中山一郎)は、リアル・ネット双方において大規模セールなどを展開する国内最大級の「お買物の祭典」である「いい買物の日」キャンペーンを、日本におけるキャッシュレス決済の推進を目的とした「ニッポンPayPayPayプロジェクト」の一環として、2019年11月1日から実施する。

ヤフーとソフトバンクでお得なキャンペーンを開催

ヤフーとソフトバンク、およびPayPay株式会社では、PayPayをメインにキャッシュレス化を促進させるプロジェクト「ニッポンPayPayPayプロジェクト」を実施している。

今回、日本でも2015年から制定された11月11日「いい買い物の日」の大規模セールをきっかけに、使うたびにPayPayの一部が還元されるお得なキャンペーンを開催する。

ヤフーでは「Yahoo!ショッピング」や「PayPayモール」の購入金額に応じたPayPayボーナスポイントの付与がおこなわれたり、商品を購入せずとも毎日くじが引けるキャンペーンを実施する。

会員限定のサービスもあるが、会員でなくても参加できるキャンペーンも幅広く用意されており、より多くの新規ユーザーが参入しやすくなっている。

ソフトバンクでも、新規でソフトバンク・ワイモバイルのサービスに加入することでポイントが加算されるキャンペーンを実施しており、今回の機会にソフトバンクユーザーの拡張を図る狙いを見せている。

リアル店舗との連携で最大10%のPayPayポイント還元

PayPay株式会社は、身近な店舗でPayPayを利用することで支払いがお得になる「まちかどペイペイ」を実施している。

店舗でPayPayを利用して支払うと、支払額の5%が還元されるキャンペーンだが、いい買い物の日のセール期間である11月1日~11日も同様に実施。

通常の5%還元にさらに5%上乗せされ、最大で10%のポイント還元が適用される。

PayPayの普及に見るポイント活用の需要

これまでもPayPayの各種キャンペーンはユーザーの間で話題となり、キャンペーンのたびに登録者数を増やしてきた。

今回も大規模なポイント付与キャンペーンと、セールが注目される「いい買い物の日」を組み合わせた施策で、大幅な新規ユーザーの獲得につながることが予測される。

「ポイ活」という言葉も流行っているように、消費者にとってポイントは身近なものになりつつある。大々的なキャンペーンを複数実施してきたPayPayだが、今回のキャンペーンをきっかけに、一段と認知度・利用数の上昇が見込まれる。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事