Amazon Flexが宮城県に拡大 同県で商品を配達するデリバリーパートナー(個人事業主)の募集を開始

ECのミカタ編集部

Amazon.co.jp(以下、Amazon)は、11月5日、個人と直接契約して行うサービスAmazon Flexを宮城県で導入し、同エリアで商品を配達するデリバリーパートナーの募集を開始した。

月収入370,000円も可能

Amazonは11月5日、個人と直接契約して行うサービスAmazon Flexを宮城県で導入し、同エリアで商品を配達するデリバリーパートナーの募集を開始した。デリバリーパートナーは個人事業主としてAmazonと直接契約を結び、業務時間と日時を自由に選ぶことができるという。

同社は働き方によっては宮城県下において月額370,000円の収入を得ることも可能だとしており、報酬は週ごとの支払いとなるという。またアプリをダウンロードし登録することで手軽にAmazon Flexを開始することができるとしている。

エリアも順次拡大予定

Amazon Flexは、Amazonが構築する高度な物流システムとテクノロジーを融合したシステムで、効率的な業務が可能となるという。20歳以上で、黒ナンバーを取得した貨トラックや軽バンなどの軽貨物自動車があり、貨物軽自動車運送事業の届出をしていて、必要な保険に加入している方であれば誰でも応募することが可能だ。

登録、スケジュール管理、そして商品配送はすべてAmazon Flexアプリで行うことができる。未経験の方もサポートできるように、デリバリーパートナーは配送業務を開始する前にガイダンスに参加することが可能だ。Amazon Flexの募集対象エリアはこれまで東京、神奈川、千葉、愛知、北海道5つのエリアだったが、宮城とあわせて今後さらにエリアが拡大する予定だとしている。

個人事業主となる機会を創出

アマゾンジャパン合同会社社長ジェフ・ハヤシダ氏は、次のようにコメントしている。

「宮城県でAmazon Flexを導入することにより、何千人もの方々に、ご自身のペースで柔軟に働くことができる個人事業主となる機会を創出できること、またAmazonのテクノロジーを活用してお客様に商品をお届けできることを大変嬉しく思います。既存の配送サービスを全国で拡大しつつ、Amazon Flexによって、より多くのお客様にサービスをご利用いただけるよう、サービスの向上に努めてまいります」

EC全体を見ても物流のラストワンマイルたる宅配の担い手や再配達の問題は未だに大きな課題となっている。巨大ECプラットフォーマーたるAmazonももちろん例外ではなく、これまでも大手宅配会社との提携や解消、独自の物流システム構築の動きなどが取りざたされてきた。その中でもAmazon Flexはより多くの個人事業主の活力を取り込むという画期的なものとなっている。今後、同社の目論見どおり、安定した物流網を構築しつつ新たな雇用の創出につながるか大いに注目と言えそうだ。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事