アリババ、「独身の日」の結果を公表 過去最高の流通総額4兆円超えを達成

ECのミカタ編集部

アリババグループは2019年11月11日、「天猫ダブルイレブン」ショッピングフェスティバル(以下、天猫ダブルイレブン)を開催し、その結果について公表した。

地域別流通総額ランクで日本が4年連続1位

アリババグループは2019年11月11日、「天猫ダブルイレブン」ショッピングフェスティバル(以下、天猫ダブルイレブン)を開催した。今年の天猫ダブルイレブンは、過去最大となる20万以上のブランドが参加し、100万の新商品が販売された。

最終的な GMV は前年比26%増、過去最高となる2,684億元(約4兆1,602億円*)を達成した。菜鳥(Cainiao)を通して処理された荷物の配送オーダーは約13億件となった。また越境ECにおける国・地域別流通総額ランキングでは日本が4年連続1位を獲得した(*1 中国元=15.5円換算)。

2019「天猫ダブルイレブン」ハイライト

◆全体

・流通総額(GMV):2,684億元(約4兆1,602億円)昨年比+26%
・100億元達成:開始後1分36秒
・1,000億元達成:開始後1時間3分59秒
・2,000億元達成:開始後14時間21分27秒
・2,135億元(昨年の GMV)達成:開始後16時間31分12秒
・参加ブランド数:20万
・GMV1億元を達成したブランド数:299
・GMV10億元を達成したブランド数:15

◆越境 EC(天猫国際)

・78 の国と地域から 2.2 万以上のブランドが参加
・国・地域別 GMV ランキング:
1 位 日本
2 位 アメリカ
3 位 韓国
4 位 オーストラリア
5 位 ドイツ

*1 元=15.5 円で計算

今年は『新消費』『新ビジネス』がキーワード

アリババグループ 淘宝網および天猫 バイスプレジデント 蒋凡(Jiang Fan)氏のコメント

「今年の天猫ダブルイレブンを通じて、私たちは消費者や企業にとって、将来の新たな消費はどのようなものかを示すことができたと思います。中国の消費者の需要の高まりに応え、彼らのライフスタイルの向上を支援すると同時に、中国および世界中の新しいユーザーをデジタルエコノミーに引き入れていきます。『天猫ダブルイレブン』ショッピングフェスティバル(11.11 Global Shopping Festival)は、アリババグループが毎年11月11日(俗称:独身の日)に開催する、GMV(流通総額)ベースで世界最大の24時間ショッピングイベントです。2009年の開始から、今年で11回目の開催となります。今年は『新消費』『新ビジネス』をキーワードに、中国の消費者のライフスタイルの向上に合わせ、世界中のブランドや中小企業(SMEs)がアリババグループのエコシステムを通して中国市場を開拓できるよう支援しました」

今年もやってきた独身の日。外交面ではアメリカとの貿易摩擦などが影を落としているが、そうした状況ももろともせずに、過去最高となる流通総額を達成した。まさにアリババの勢いは留まるところを知らないといった様相であり、越境EC市場のさらなる成長にも期待がかかる内容となったようだ。

LTVセミナー


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事