BtoB EC・Web受発注システム『Bカート』API正式版がリリース 各システムやクラウドとのシームレスな連携でより生産性の高い業務を実現

ECのミカタ編集部

株式会社Dai(本社:京都府京都市、代表取締役社長:木脇和政、以下「同社」)は同社が提供するBtoB EC・Web受発注システム「Bカート」についてAPIの正式版提供を開始した。

開発者向けのサービスサイトもあわせて公開

Dai社は同社が提供するBtoB EC・Web受発注システム「Bカート」についてAPIの正式版提供を開始した。このAPIの提供に合わせて開発者向けのサービスサイトもあわせて公開された。同サイトにて同社が公開するAPIの仕様や最新情報についても提供されている。

BカートAPIはBカートに蓄積されたデータと、外部システムのデータを連携するための仕組みだ。APIによってBカートが様々なシステムやクラウドサービスとシームレスに連携することで、より生産性の高い業務を実現できるとしている。

「BカートAPI」活用事例

◆基幹システムと直接連携

APIを利用して基幹システムとのデータ連携の自動化が可能になる。これにより生産性の高い業務を実現する。基幹システム以外にも、販売管理システム、WMS、請求書発行システムなど様々な業務システムやサービスとの連携を実現可能だ。

※API連携を行うにはプログラムの開発が必要。

◆ECコネクター

自社でのAPI連携開発のハードルが高い場合は、データコンバーターのサービスも利用できる。プログラミングの知識は必要なく、各事業体で利用中のシステムとのデータ連携が可能となる。

※「ECコネクター(R)」は株式会社久が提供するBカート上の情報を外部システムのデータ形式に合わせてデータ変換・連携を効率化し日々のECサイト運用を楽にする低価格のEC事業クラウド型業務支援システム。

シンプルなAPIを提供

API(正式版)で出来ることは次の通りだ。従来のベータ版で可能であった、Bカート上の様々なデータの取得・更新に加え、今回の正式版より、「新規登録」の機能が追加された。これにより、基幹システム上からのデータ連携の幅が広がり、業務の自動化の強化や、データの活用をよりスムーズに行うことが可能となる。

BカートAPIはRESTを採用したシンプルなAPIを提供しているそうだ。APIドキュメントでは5言語、各60以上のサンプルコードも提供することで開発しやすい環境の提供に取り組んでいる。

BtoB EC・Web受発注システムとして確かな実績を積み重ねてきた「Bカート」。今回のAPI提供によって今までは難しかった業務もシステム上で可能となる。それらを通して多くのEC事業者の生産性を高めることでそれぞれの価値を高めることにもなりそうだ。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事