ECストア構築サービスの『STORES.jp』が顧客管理機能をアップデート ショップオーナーと購入者との関係性深化に貢献

ECのミカタ編集部

ストアーズ・ドット・ジェーピー株式会社は、同社のネットショップ構築サービスSTORES.jpの顧客管理機能をアップデートした。

フリープランでも利用可能

ストアーズ・ドット・ジェーピー株式会社は、同社の本格的なネットショップが誰でも簡単に作成できるネットショップ構築サービスSTORES.jpの顧客管理機能をアップデートした。今回のアップデートにより購入者の購入履歴や登録情報に合わせて接客ができるようになったとしている。なお同機能はフリープランでも利用可能だ。

同機能では絞り込み条件の強化がなされており、キーワード検索に加えて、購入額や購入回数をはじめとした条件で顧客を検索・絞り込みすることができるようになっている。

活用方法

同社が提示する新機能の活用方法は次の通りだ。

- 購入額・購入回数が多い顧客に新商品の販売開始をお知らせ
- 先月はじめて購入した顧客に限定クーポンを案内
-お住まいの地域に合わせたオフラインイベントの案内
- 会員登録から1年以上が経過した顧客への挨拶

またメールマガジン連携も実現しており、キーワード検索・絞り込み条件に当てはまる顧客に対して、メールマガジンを作成することができるようになった。絞り込み条件を併用することで、それぞれの顧客合わせたに最適な接客を行なうことも可能だ。なお今回、特定の顧客へのメールマガジン・お知らせの配信停止が顧客管理機能から行えるようになっている。

ショップオーナーと購入者の関係性を深める

同社ではアップデートの背景として次のように述べている。

「STORES.jpを利用いただいているショップオーナー様は、InstagramやTwitterなどのSNSやブログサービス、店舗を活用し、それぞれ独自のコミュニティを持っています。2019年4月の顧客管理機能リリースでは、どんなお客様が購入しているのか、リピートしてくれているのかを可視化しました。次のステップとして、収集した顧客情報を元に、それぞれのお客様に最適な接客することができるようになりました。今回のアップデートによって、ショップオーナー様と購入者の関係性を深め、長く継続できるコミュニティが形成できるのではないかと考えております」

すでに数多くのECショップ構築サービスが各社から提供されており、競争も激しくなっている。またEC市場でも顧客との関係性構築は売り上げの安定化の面でも欠くことのできない要素となっている。そうした中で今回、STORES.jpが顧客管理機能をアップデートしたことで、利用する事業者のビジネスを支援するとともに、それらを通して同構築サービスの価値を高めることになりそうだ。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事