AIでユーザーにとっての探しやすさを実現 「アイジェント・レコメンダー」に『画像認識レコメンド』機能を追加

ECのミカタ編集部

シルバーエッグ・テクノロジー株式会社(本社:大阪府吹田市、代表取締役社長&CEO:トーマス・フォーリー、東証マザーズ:3961、以下「シルバーエッグ」)は、2019年12月2日、同社が開発・提供するAI(人工知能)技術を用いたレコメンドサービス「アイジェント・レコメンダー」のオプションサービス(ロジック)「画像認識レコメンド」の提供を開始した。

見た目の類似性からレコメンドを実行

同社の「画像認識レコメンド」機能は、ディープラーニング技術を用いて画像の特徴量を抽出し、見た目の類似性からレコメンドを行うロジックだ。物体検出等の最新技術も取り入れられており、見た目が似ている商品を高精度で識別できる。

従来の協調フィルタリングによるレコメンデーションは、ユーザーの行動情報が不足している場合にはおすすめの精度が低いという課題(コールドスタート問題)があった。画像認識によるレコメンデーションは行動情報を必要としないため、協調フィルタリングによるレコメンデーションと補完関係を築くことができるという。

◆「画像認識レコメンド」概要

初期費用:¥0
月額費用:¥35,000

※但しアイテム点数10,000点迄。10,000点を超える場合は別途見積もり。

※画像認識レコメンドは、アイジェント・レコメンダー契約社向けのオプションサービス(ロジック)。他のロジックと同様、成果報酬/PV課金の対象となる。

※対応画像フォーマット:JPEG(image/jpeg)、PNG(image/png)、GIF(image)、アニメーションGIF非対応。

ユーザーの探しやすさを向上

同社では新機能を使うことによって事業者に次のようなメリットがあるとしている。

[1]
個人の行動情報の量に応じて、協調フィルタリングと画像認識どちらを利用するかを自動制御

[2]
異なる視点のレコメンド(行動から/見た目の類似性から)を複数枠設置することでユーザーの探しやすさを向上

[3]
既にアイジェント・レコメンダー導入済みの事業者は、一切のシステム開発無しで利用可能(spec指定のみ)

売上拡大を支援

同社の「アイジェント・レコメンダー」は複数のレコメンデーション・アルゴリズムを搭載したリアルタイムAI(人工知能)マーケティング・プラットフォームだ。独自開発のAIをベースにしたアルゴリズムにより、サイトのアクセスや購買状況、各ユーザーの動線を「リアルタイム」に把握・分析し、一人一人の嗜好に合ったおすすめの商品を、瞬時に表示することができる。

顧客企業は、利用場面に応じて最適な技術を容易に選択・導入することができ、ABテストによる効果検証も可能。また多機能な管理画面やレポーティングサービスにより費用対効果の検証を行い、売上増大に向けた対策などを、専任コンサルタントが継続的にサポートする。

その「アイジェント・レコメンダー」にオプションサービス「画像認識レコメンド」が追加された。今後はそのような課題に対応することを通し、ユーザーにとっての探しやすさ向上を通して導入企業のビジネスをさらに力強く支援することになりそうだ。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事