アクティブコア「MAセグメント配信」に機能追加!繊細なレコメンド配信を自動化

ECのミカタ編集部

株式会社アクティブコア(本社:東京都港区/代表:山田賢治、以下「アクティブコア」)は、「activecore marketing cloud」において、メッセージ配信時に対象者に合わせて配信コンテンツを変化させる「MAセグメント配信」機能のさらなる強化と効果の最大化を実現するため、配信コンテンツに自動でレコメンドを入れ込む新たな機能を提供開始する。
activecore marketing cloud、ac marketing cloudは、アクティブコアの商標または登録商標である。

最適なレコメンド配信を自動で振り分け

今回の機能を提供することにより、メッセージの一斉配信時に、一人ひとりに最適なレコメンド情報を自動でコンテンツ内に反映させ、メール・LINE・アプリにてメッセージを配信することが可能となる。

例えば、購入回数が同じ顧客であっても、購入したブランドが「スポーツブランド」であるセグメントAには、スポーツブランドの商材に関連したお薦め商品、一方「女性向けブランド」を購入しているセグメントBには、女性向けブランドに関連したお薦め商品をメッセージとして届けることができる。

さらに購入回数が多い優良顧客においては、レコメンドではなくクーポンを表示するなど、指定枠に設定する内容はセグメントごとに自在に変化させられる。

一斉配信が可能なMAセグメント配信

「MAセグメント配信」機能は、「activecore marketing cloud」内のDMPに蓄積された顧客属性、購入履歴、店舗データやアプリ・Webの行動履歴などから分析・抽出され たセグメントに対し、最適なコンテンツを出し分けながらメッセージの一斉配信を行っている。

今回本機能において、メッセージ内の指定されたコンテンツ枠にレコメンドを新たに設定することが可能となった。
これによって、1回のメッセージ配信でコンテンツ内にセグメントごとに異なるレコメンドを自動反映し、一人ひとりに関連性の高いお薦めの商品情報などを差し込んで表示することができるようになる。

オンラインショップの売上を左右するレコメンド機能

一人ひとりに合わせた最適な情報を配信することは、オンラインショップなどの売上アップに大きく関係している。
商品や情報の最適なコンテンツをお薦めできる「レコメンド」機能の利用は、今では一般的になってきた。

アクティブコアは、AIを活用したレコメンドを始め、独自の多彩なアルゴリズムによるレコメンドを提供している。
さらにレコメンドをメール・LINE・アプリを通じて配信するレコメンドメール機能も提供し、一人ひとりに合わせたお薦めコンテンツの配信を実現してきた。

「MAセグメント配信」のコンテンツにおいて、レコメンドの出し分けも可能となることで、対象顧客への訴求効果を高める。
また、顧客セグメントの定義後リストは自動更新されるため、配信担当者のメッセージ設定における煩雑な作業を軽減できることが期待される。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事