ビィ・フォアード、海外輸送が可能な物流サービスの提供を開始

ECのミカタ編集部

株式会社ビィ・フォアード(本社:東京都調布市/代表:山川博功)は、国内の企業様が簡単に海外輸送ができる物流サービスの提供を開始する。
このサービスによって、輸出販売企業は海外輸送における煩雑な手間が省け、より多くの企業が、コストをかけずに新たに海外マーケットに参入することが可能となる。

サービス内容

今回新しくローンチする物流サービスは、海外へ販売を行っている企業や、海外マーケットの拡大を狙う企業の輸出業務を代行するサービスとなっている。

煩雑だった輸出の手続きや申告、トラブルなどをビィ・フォアードが引き受け、貨物の引き取り・梱包から輸出の手続き、現地の輸送までをワンストップで対応。
予算や所要日数などから海上輸送・航空輸送、内陸国のローカル陸送のご提案をし、要望に応じて選ぶことができる。
追跡システムを導入しているため配送状況の確認もでき、企業も安心して利用しやすい。

消費市場として注目されているアフリカへの輸送も可能に

本サービスでは、一大消費市場として世界の注目を集めるアフリカへの輸送も可能にした。
実際にビィ・フォアードではアフリカだけでも、毎月7千台もの中古車を輸送している。

新興国への独自の物流網を確保していることや、内陸において現地代理店によるキャラバン隊での配送、現地輸送網であるシティーデリバリーの整備などによって、アフリカへの輸送を可能とした。

確実な輸送を行ってきたことにより、アフリカ各国の信頼を獲得し、内陸地までのラストワンマイルのルート開拓を実現している。

物流サービス開始の目的と背景

ビィ・フォアードの運営する「BEFORWARD.JP」は、世界200の国と地域の250万人の顧客が利用する中古車・オートパーツ・家電等の輸出プラットフォームだ。

2018年度には年間16万台の中古車を輸出した実績をつくり、輸出手続き、輸送、通関、現地配送サービスを構築、今ではアフリカやカリブ、ヨーロッパを中心に世界150以上の独自の輸送ルートを保持している。

近年は商品の安全性・信頼性の面から海外における日本商品の人気が向上している中、本サービスを通して海外マーケットの拡大を狙う企業に寄与していく。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事