D2Cビジネスモデルを成功に導く!D2C Growth Partner Program提供開始

ECのミカタ編集部

アライドアーキテクツ株式会社(本社:東京都渋谷区/代表:中村壮秀)と、「EC Force」を提供する株式会社SUPER STUDIO(本社:東京都目黒区/代表:林紘祐)は、D2Cモデル企業の成長を支援する「D2C Growth Partner Program」の提供を開始する。

2社のタッグでD2Cモデル企業を支援

アライドアーキテクツとSUPER STUDIOは、D2C(Direct to Consumer)モデル企業の支援にむけた戦略的パートナーシップを締結した。

「D2C Growth Partner Program」の提供を通して、D2Cモデル企業の「顧客起点」シフトを実現し、高速な事業成長を支援する。

アライドアーキテクツはこれまでにダイレクトマーケティング特化型UGC活用ソリューション「Letro」を通して、D2Cメーカーや通販企業へのマーケティング支援実績を多数作ってきた。

一方SUPER STUDIOは、D2Cビジネスモデルに特化したEC基幹システム「EC Force」やD2C商品の企画開発の支援を通して、ECの幅広い支援を行っている。

今回のパートナーシッププログラムを通して、2社の知見を融合・連携することで、より高品質な支援とノウハウ発信を行っていく所存だ。

D2C Growth Partner Programの特徴

D2C Growth Partner Programでは、主に2つの柱で取り組みを行う予定だ。

1)D2Cモデル企業コミュニティの実施
定期的に、D2Cやサブスクリプション事業を展開する企業を招き、実例やアイディアをシェアする勉強会を実施する。

各社の施策や成功・失敗事例を共有し合うことで、プログラム参加企業はよりスピーディーに自社施策をアップデートすることができる。

2)特別プランの提供
プログラム参加企業には、パートナー企業との契約条件に関して有利な特別プランを提供する。

また、EC ForceかつLetro未契約企業には限定で、SUPER STUDIO社によるD2C診断メニューを無償で提供。

D2Cモデルの「成功の型」を導き出す

D2Cは、生活者に対して製品を直接販売するビジネスモデルとして、昨今盛り上がりを見せている。

顧客から得た声をすぐに商品や販促の施策に反映して改善していけることが特徴で、その考え方やマーケティング手法も脚光を浴びている。

しかし「顧客起点」が強く求められるこのビジネスモデルには、従来モデルとは異なる事業戦略、マーケティングの考え方などが必要とされ、まだ「成功の型」はないのが現状といえる。

今回のパートナーシップ締結によるプログラムの実施で、D2Cモデルの「成功の型」を導き出すとともに、再現性のあるノウハウとして多くの企業に展開されていくことに期待したい。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事