【GMO-SC】ECサイト構築パッケージ「ecOrigins」でEC化支援!初期ライセンス費用を半額で提供

ECのミカタ編集部

GMOシステムコンサルティング株式会社(本社:東京都渋谷区/代表:糸山日出男、以下「GMOシステムコンサルティング」)は、ECサイト構築パッケージ「ecOrigins(イーシーオリジン) byGMO(以下「ecOrigins」)」において、新型コロナウイルス感染症の感染拡大で影響を受けた事業者のEC化支援の取り組みとして、一定期間の申し込みを対象にECサイト構築の際の初期ライセンス費用を通常価格の半額で提供する。

ECパッケージ「ecOrigins」の初期ライセンス費用が半額に

GMOシステムコンサルティングは、インターネットをサービスインフラとしたWebシステムの開発および保守・運用を受託するシステムインテグレーターだ。
ECパッケージ「ecOrigins」の提供をはじめ、ネット通販サイト構築など、EC支援において多数の実績を有し、研究開発部門においては仮想通貨関連技術の研究開発を行っている。

今回、新型コロナウイルス感染症の感染拡大による影響を受けた事業者を支援するべく、「ecOrigins」における初期ライセンス費用を通常価格の半額で提供することを決定した。

EC化支援の概要

今回の支援は、GMOシステムコンサルティングの指定した期間に「ecOrigins」に新規に申し込んだ事業者が対象となる。

具体的には、下記対象パッケージ導入時の初期ライセンス費用を通常価格の半額で提供する。
価格はすべて税抜価格となる。
・ecOriginsB2C:300万円 → 150万円
・ecOrigins受発注(B2B):300万円 → 150万円
・ecOrigins受発注Lite(B2B):80万円 → 40万円

下記URLの問い合わせフォームから申し込みが可能だ。
https://www.gmo-systemconsulting.com/info/inquiry_form.html

対象期間は2020年4月24日(金)~6月30日(火)としているが、今後の社会情勢を鑑みて延長する可能性もある。

実店舗とECサイトとの連携強化に

新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響で、催事の中止や来店客の減少といった事態に見舞われ、厳しい経営状況におかれている事業者が増えてきている。
GMOシステムコンサルティングにはこうした事業者から、「ECサイトの早急な構築を行いたい」、「実店舗とECサイトなどのオムニチャネル連携をしたい」といった、EC化や既存サイトのリプレイスに対する要望が数多く寄せられていた。

今回の支援をきっかけにecOriginsへの申し込みが増え、多くの企業のEC化が加速することに期待したい。

ECのミカタ通信19号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事