資金繰りの一環にも。「MOALA Live Store」で「未来のチケット』販売・発券が可能に

ECのミカタ編集部

playground株式会社(本社:東京都渋谷区/代表取締役:伊藤圭史、以下「playground」)が提供する、スポーツ・エンタメ業界に特化した自社EC構築サービス「MOALA Live Store」は、未来のチケット販売・発券機能を追加した。

復帰後の体験を約束する「未来のチケット」で資金繰りを

スポーツ・エンタメや店舗を始めとしたオフラインビジネスが、新型コロナウイルスや緊急事態宣言によりかつてない難局を迎えている今、資金繰り対策として「未来のチケット」を販売したいという声が多く寄せられている。

そこでplaygroundは、ライブ視聴チケットなどを販売できる自社EC構築サービス「MOALA Live Store」に「未来のチケット販売・発券機能」を追加した。

これによって、「未来のチケット」を販売したいイベント関係者や店舗関係者、また、プラットフォームを作りたいと考えている自治体、有志団体は、「未来のチケット」や「未来のクーポン」を直接顧客に販売し発券できる自社サイトを簡単、安心、安価に構築できるようになる。

MOALA Live Store「未来のチケット販売・発券機能」の4つの特徴

「未来のチケット販売・発券機能」は、playgroundの提供するEC構築サービス「MOALA Live Store」の新機能だ。

playgroundがイベント向けに開発してきた電子チケット機能を応用することで、現在手作業で行われている「未来のチケット」の煩雑な運用業務をデジタル化し、業務負荷を大幅に削減することができる。

特徴1)チケットの発券が簡単
電子チケットやQRコード、または当サイトに入力して使える「クーポンコード」として発券することができるため、紙チケットの郵送作業などの手間なく「未来のチケット」を販売できる。

2)購入者・利用者の管理が簡単
通常イベントの電子チケットと同様に、簡単な操作だけで「利用済み」にすることができる。
リアルタイムで販売状況や利用状況が分かるため、購入者名簿を見ながら銀行振込履歴や利用者を突き合わせるような面倒な顧客管理が不要となる。

特徴3)イベントの詳細を後から確定できる
電子チケットのため、座席や開催日時などのイベント詳細情報を後から追加/修正することができる。
チケットは印刷することも可能なため、スマホを持っていなくても利用できるのもポイントだ。

特徴4)将来のための顧客名簿が作れる
専用公式サイトで販売した「未来のチケット」の購入者名簿は全てチケットを販売した企業/団体のものとなる。
復活後の経営を支えるための購買・行動履歴などの顧客データを資産化することが可能だ。

「MOALA Live Store(モアラライブストア)」とは

「MOALA Live Store」は、ライブ視聴チケットとグッズを販売できる自主ECサイトをplaygroundが構築・提供するサービス。
現時点では、ライブ配信チケットや、公式グッズ、未来のチケット販売機能などを業界応援価格で構築可能としており、今後も拡充していく予定だ。

主に3つの特徴で、企業や団体をサポートする。

1)「専用公式サイト」を構築・提供
ユーザーとダイレクトに繋がることができるため、ファンリストや購買・行動履歴などユーザーデータの資産化や次回イベントの告知やグッズのプロモーションなどを実施可能。

2)「視聴チケット」「グッズ」「未来のチケット」を直接販売できる
リアルタイム配信型、ストック型、双方向型の動画コンテンツの視聴チケットを販売できる。
同サイト上でグッズや「未来のチケット」の販売も可能だ。

3)各種ユーザーデータを一元管理
リアルタイムで販売・チケット発券状況の追跡や、チケットやグッズの購入に基づくデータ分析・顧客管理が可能。

アフターコロナを見越した戦略を

新型コロナウイルスの影響で多くの企業が局面を迎えているが、一方で在宅が増えたことで、企業はもちろん消費者もオンラインでの操作に抵抗がなくなってきている。

いまの状況下でオンラインの「未来のチケット」販売ノウハウを得ておくことは、アフターコロナの時代に消費者により身近で便利なサービスを提供することにもつながるだろう。

消費者にとっても、未来の楽しみが生まれることは、「コロナ鬱」も危惧されるいま必要なことといえる。

今回の取り組みが、多くの人にとってアフターコロナの希望となることに期待したい。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事