リモートワークにぴったり!オンラインで完結できる「DataConvert」サービス(無料)をリリース

ECのミカタ編集部

株式会社エッグシステム(本社:東京都新宿区/代表:高橋翼、以下「エッグシステム」)が運営するコンサルティングエンジニアチーム『x-faCE(for all Consulting Engineer、呼名:クロスフェイス)』は、2020年5月7日(木)にブラウザ上でcsvデータを変換できるWebサービス「Data Convert」をリリースした。

リモートワークでもデータの変換が可能に

「Data Convert」サービスは、株式会社エッグシステムが運営する『x-faCE』というチームで開発された。

Webブラウザ上で利用できるため、事前のインストールや会員登録等は不要。
DataConvert(https://convert-service.x-face.net)へアクセスすれば、誰でも手軽にWebブラウザ上で利用可能だ。
当面の間は無料で利用可能としている。

具体的な利用シーンとして、下記のような状態を想定しており、リモートワーク環境でも大きな力を発揮することが期待される。

・ECサイト等で管理する受注データを、基幹システムへ取り込むとき
・経費申請システムや勤怠/給与システムから出力した仕訳データを、会計システムへ取り込むとき
・在庫の出荷指示データを外部倉庫へ渡すとき
・作成した採用募集データを、掲載する採用媒体ごとへアップロードするとき
・顧客リストをメルマガ配信システムへアップロードするとき

ブラウザサービスだからこそ、セキュリティも万全

<利用方法>
1)csvファイルをアップロード
2)変換設定を入力
3)処理実行後、変換後のファイルが自動でダウンロードされる

業務で利用する企業が多いため、セキュリティ対策を万全に講じているのがポイントだ。

アップロードした変換前のcsvデータ及び変換後のcsvデータは、変換処理後1時間以内に強制的に削除される。
アップロードしたデータがサーバ上に残り続けることはない。

セキュリティが確保された環境で変換処理を行っており、安全に通信を行うためにHTTPS通信を行っている。

社内外入り乱れるチームで、柔軟な働き方が可能なサービスを提供

「Data Convert」サービスを開発した『x-faCE』は、コンサルティングスキルとエンジニアリングスキルを兼ね備えた人材として、会社に依存することなく、自立した個人同士が短所を補完・協働することで、クライアントの期待値を超えることを目的としたチームだ。

チームの構成員は、エッグシステムの社員だけでなく、社外から複業としてジョインしているメンバーも含まれている。

こうした柔軟なチーム編成だからこそ、リモートワークという場所を選ばない働き方でも活用しやすいサービスの構築を実現させたのかもしれない。

『x-faCE』では引き続き、Data Convertサービスの機能追加をしていく予定だ。

ECのミカタ通信19号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事