この夏minneが食のオンラインイベントを開催 食料品の生産者・販売者の売り上げ向上を支援へ

ECのミカタ編集部

ハンドメイドマーケット「minneミンネ byGMOペパボ(以下、minne)」は、オンラインイベント『「おいしい」を届けよう、受け取ろう。minne 夏の食べ物月間』を開催することを公表した。

食に力を入れるminne

GMOインターネットグループのGMOペパボ株式会社(代表取締役社長:佐藤 健太郎 以下、GMOペパボ)が運営するハンドメイドマーケット「minne」は、「全国のおいしい食べ物でおうち時間を楽しんでいただくためのオンラインイベント『“おいしい”を届けよう、受け取ろう。minne 夏の食べ物月間』」を2020年8月に開催する。

「minne」は、2016年から食べ物の取り扱いも開始し、2020年3月からは、取り扱う『食べ物』のカテゴリーを拡大するとともに、ものづくりへのこだわりを前提としたブランドの誘致を推進し、現在では1万3,445点の食品が販売されている。

3つの企画を実施

同イベントでは以下3つの企画が実施される予定だ。

◆「食べ物カテゴリー限定販売手数料キャッシュバックキャンペーン」

対象注文期間8/1(土)~8/31(月)に、食べ物カテゴリーで販売されている食品の一部販売手数料が作家・ブランドにキャッシュバックされる。

◆「全国のおいしいをおうちで minneのオンラインマルシェ」

日本のエリア(産地)別に食品を紹介する特設ページが公開される。紹介する作品は、020年7月13日(月)より応募を開始。Instagramライブ配信企画「作って楽しむ、おいしいレシピ」も実施予定だ。

◆団体・自治体とのコラボレーション

公益社団法人鹿児島県特産品協会・奄美市と連携し、鹿児島ブランドショップのminne店をオープン。鹿児島県内の特産品販売を行う。

食料品の生産者・販売者の売り上げ向上を支援

イベントの実施に際して同社では次のように述べている。

「この度『minne』では、全国各地のおいしい食べ物との出合いをユーザーに提供し、おうち時間を楽しんでいただきたいと考え、『「おいしい」を届けよう、受け取ろう。minne 夏の食べ物月間』を開催することといたしました。また『minne』では、2020年3月に開催を予定しながら新型コロナウイルスの影響で中止を余儀なくされたオフラインイベント『minneのハンドメイドマーケット2020』に代わり、『#エアハンマケ』というキーワードのもと、大型のオンラインイベントを開催した実績もあります。

このオンラインイベントでは、2,855名の作家にご参加いただき、限定作品の販売やSNSを活用した動画配信を行い、『遠方からも参加できた』『混み合うことがないため、ゆっくりいろんな作家さんを見ることができた』といったオンラインならではの参加者の声をいただいたり、中には1人で1,000点もの作品を販売した作家もいたりするなど大変ご好評をいただきました。この大型のオンラインイベントで得た経験を生かし、『「おいしい」を届けよう、受け取ろう。minne 夏の食べ物月間』では、食料品の生産者・販売者のオンラインでの売り上げ向上を支援していきたいと考えています」

新型コロナウイルス感染拡大防止を目的に発令された緊急事態宣言の影響で、外出自粛や実店舗の営業自粛、イベントの中止が要請された。これにより、食料品の生産者や販売者においては、売上の減少や過剰在庫を抱えるなど経済的に大きな影響を受け、緊急事態宣言が解除された現在もなお、厳しい状況が続いている。

一方、消費者においても日常生活や働き方における新しい生活様式の実践が求められ、中食・内食や、巣ごもり消費によるオンラインショッピングの需要は今後も続いていくことが予想されている。こうした中でECの力が一層、求められているが、同社の今回のイベントもその強力な一助となりそうだ。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事