Amazonが『2020年中小企業インパクトレポート』を公表 日本で年間売上1,000万円超の中小販売事業者は3,000社以上に

ECのミカタ編集部

Amazonは、「2020年 中小企業インパクトレポート」を公表した。ここではその概要についてポイントを絞って見て行く。

未来につながる布石を

Amazon(所在地:東京都目黒区)は、2020年8月12日(水)、「新たなステージを迎える日本経済そして中小企業の未来につながる布石を考える」をテーマに開催したAmazon Academyにて、「2020年 中小企業インパクトレポート」を公表した。

このレポートは、Amazon.co.jpに出品する日本の中小規模の販売事業者のデータを基にした調査結果(集計期間:2019年6月1日から2020年5月31日まで)となっている。

2020年中小企業インパクトレポート概要

Amazon.co.jpに出品する日本の中小規模の販売事業者に関するデータは以下の通りだ。

[1]
初めてAmazon.co.jpでの年間売上高(税込)が1,000万円を超えた日本の中小規模の販売事業者数は3,000社以上だった。また、初めてAmazon.co.jpでの年間売上高(税込)が1億円を超えた日本の中小規模の販売事業者数は500社以上となった。

[2]
販売事業者あたりの平均年間売上高(税込)は、700万円超となり、前年同期の600万円超から増加した。

[3]
商品販売数は4億点を超えた。

[4]
Amazon.co.jpで、商品の在庫保管・配送代行サービス「フルフィルメント by Amazon(FBA)」を利用する日本の中小規模の販売事業者数は7万社以上だった。

[5]
法人・個人事業主向けの購買専用サイト「Amazonビジネス」における日本の中小規模の販売事業者様の年間売上高総額(税込)は500億円超だった。

これからも日本の中小事業者支援に注力

レポートの公表に際して、同社では次のように述べている。

「Amazonは、『地球上で最もお客様を大切にする企業になること』という企業理念のもと、2000年に日本で事業を開始してからこの20年間に、個人および法人向けのECサイト、物流サービス、クラウド・コンピューティング、ダイレクト出版などのサービスをご提供し、中小規模の事業者やスタートアップを始めとする多様なお客様の事業の成長を支援させていただいております。そのために、Amazonは2019年、日本に6,000億円以上の投資を行いました。また、2010年から2019年の10年間において、日本に対して2兆7,000億円の投資を行っており、2019年の日本への投資額は過去10年間の日本への投資額の20%以上を占めています」

また、アマゾンジャパン社長のジャスパー・チャン氏は、次のようにコメントしている。

「Amazonは創業当初から中小企業とスタートアップの皆様の事業の支援に注力してきました。ニューノーマルと呼ばれる新しい生活様式への対応が求められる中、日本経済を支える全国各地の中小企業ならびにスタートアップの皆様の事業の持続的な成長をサポートできるよう、引き続きイノベーションの創出ならびにより良いサービスの提供に取り組んでまいります」

世界戦略そしてアジアでの戦略を考える上でも、同社にとって日本は、重要な市場であることに間違いはないだろう。そこにおいてAmazonのプラットフォームを通してECを展開する中小事業者が増え、またその活動が拡大していることを今回のレポートは示している。コロナ禍によるニューノーマルが浸透する中で、同プラットフォームの社会的な役割とその責任も、今後さらに高まることになりそうだ。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事