日本のアパレルブランドを世界へ!BEENOSがロコンドと越境ECに関する包括業務提携契約を締結

ECのミカタ編集部

BEENOS株式会社と株式会社ロコンドは越境ECに関する包括業務提携契約を2020年8月31日に締結した。

包括業務提携によって、

今回の包括業務提携は、ロコンドグループの海外販路拡大にあたり、BEENOSグループが包括的な支援を行い、越境EC事業の成長をサポートするべく密に連携していくことを目的としている。

第一弾として、FASHION WALKERを含めたロコンドグループへの出店ブランドを、BEENOSグループが運営する日本のアパレル商品を世界120の国・地域の消費者に販売するグローバルファッションECサイト「FASBEE」に出店、FASBEEを通じて海外販売する。

台湾最大級のECモールへの出店サポートも計画中

FASBEEは、中国大手IT企業のBaiduの新規事業への参画も計画している。

ロコンドが運営する靴とファッションの通販サイト「LOCONDO.jp」と、BEENOSの完全子会社が運営する越境ECサポートの代理購入サービス「Buyee」の連携も予定しており、Buyeeを通じた東南アジア・台湾最大級のECモール「Shopee」への公式ショップ出店・販売サポートも計画されている。

その他にもBEENOSの持つ海外マーケットプレイスとのネットワークを活かし、FASBEEまたはBuyeeを通じた出店等を模索することで販路を拡大。ロコンドの越境EC事業を支援の上、共に拡大していく所存だ。

今回の包括業務提携契約の締結に伴い、FASBEEの機動的かつ迅速な経営を実現するため、BEENOSはFASHION WALKER株式会社が有していたFASBEEの全株式を取得し、完全子会社化も進めていく。

日本のアパレルブランドを世界へ

BEENOSグループは、モノ・人・情報を「日本から海外へ」、「海外から日本へ」と双方向に繋ぐグローバルなビジネス展開を強みとしている。特に、中核事業であるグローバルECサービスの運営において、BEENOSグループのサービスとのシステム連携により海外のマーケットプレイスに販路を拡げ、世界中への流通を実現する一気通貫した販売チャネルの構築が目標だ。

今後もBEENOSは、ジャパニーズコンテンツの海外進出をテクノロジーで支援するグローバルプラットフォーマーとして、海外販売の機会を増やしていく。ロコンドと共に日本のアパレルブランドを世界に拡げ、市場の成長を拡大させる一助となることを目指している。

ECのミカタ通信19号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事