EC事業者向け『後払い.com』の支払い方法に「後払いクレジットカード決済・LINE Pay請求書支払い」を追加

ECのミカタ編集部

株式会社キャッチボール(本社:東京都品川区、代表取締役会長:山崎 正之)が提供するEC・通販向け後払い決済「後払い.com」の支払い方法に、未回収リスクを100%保証する「後払いクレジットカード決済」「LINE Pay請求書支払い」が追加された。

購入者とEC事業者のニーズに対応

「後払い.com」とは、事業者に代わり、当社が購入者から後払いで商品代金を回収、立替え払いをする未回収リスク100%保証の後払い決済サービスだ。今回、従来からの支払い方法である「コンビニ」・「郵便局」・「銀行」での現金払いに加えて、「後払いクレジットカード決済」・「LINE Pay請求書支払い」が追加された。これにより購入者は商品が届いてからその場で支払いを完了することができるようになる。

また同社では、今回の実装に際し調査も実施している。調査の結果、従来の現金での後払い決済と比べてクレジットカード払いができる後払い決済があれば、現行の後払い決済導入による利用者増加よりもさらに13.5%増加(合計で約32%)する可能性があるということがわかったという。それに加えて、40%を超える購入者が商品を確認したその場での支払いを望んでいることもわかったそうだ。

この調査を受けて、大きなニーズである「後払いクレジットカード決済」と、その場で支払い出来る新しい生活様式への対応は、事業者の新規顧客獲得に貢献できると判断し、約1年間のスキーム構築期間を経て、「後払い.com」の支払い方法に「後払いクレジットカード決済」と「LINE Pay請求書支払い」を加え、新しい後払い決済モデルとしてご提供する運びとなったという。

※「後払いクレジットカード決済」は保証型の後払い決済で業界初(ビジネスモデル特許出願済み)

メリットとポイント

◆便利になるポイント

[後払いで選べる決済方法が追加]

・今まで:コンビニ、郵便局、銀行での現金支払い
・今回追加:後払いクレジットカード決済、LINE Pay請求書支払い

[商品が届いてからその場で支払いが可能、店舗へ出向く必要なし]

・今まで:コンビニ、郵便局、銀行など、各店舗へ出向いて支払い
・今回追加:スマートフォンやPCで、その場でクレジットカード・LINE Pay請求書支払いで支払い

購入者様商品を受け取ったのち、コンビニ・郵便局・銀行での現金払いに加えてクレジットカード・LINE Pay請求書支払いから好みの支払い方法を選択できるようになる。リピート通販など、幅広いEC・通販ビジネス事業者の決済手段として利用可能だ。

◆導入メリット

[新規顧客獲得に貢献・3割を超す消費者が望むニーズに応えられる]

後払いクレジットカード決済・LINE Pay請求書支払いの導入により、決済による購入機会の損失を極限までなくし、新規顧客獲得に貢献する。さらに、「コンビニや郵便局にいくのが面倒」「支払いを忘れがちになる」等従来の後払い決済の弱点をカバーし、顧客の取りこぼしを防ぐ。

[新しい生活様式へ後払いが対応]

商品を確認してから支払いができる今までの後払い決済の安心感はそのまま、その場でスマートフォン・PCから後払いで支払いが完了できる「後払いクレジットカード決済」・「LINE Pay請求書支払い」を決済手段に追加することで、新しい生活様式に対応できる。購入者の様々な生活スタイルに合わせた支払い方法が可能になる。

[未回収リスク100%保証]

商品の着荷確認が取れた取引の商品代金は、同社が100%立替え払い(※)されるので、事業者にとっても安心して利用できる。さらに「後払いクレジットカード決済」はチャージバックも保証の対応。事業者のキャッシュフローを妨げない。

※与信審査に通過した購入者が対象。

『後払い.com』導入実績は30,000店舗超に

今回の施策実施の背景として同社では、次のように述べている。

「今やメジャーな支払い方法の一つとなった後払い決済は、EC・通販で購入した商品を確認してからお支払いができる安心感や現金管理のしやすさから、代引きに変わる現金での支払い手段として根強い人気を博しています。後払い決済サービス『後払い.com』は、2007年1月にサービス提供を開始して以来導入実績は30,000店舗を超え、長きにわたり事業者様・ご購入者様にご愛顧いただいております。

一方で、時代とともに生活様式は多様化し、EC・通販における決済ニーズは大きな変化をみせています。クレジットカード決済の利用増加や2020年6月まで実施されていたキャッシュレス・ポイント還元事業によるキャッシュレス決済の浸透により、後払いでもキャッシュレス決済でのお支払いニーズが増加しております。さらには、新型コロナウイルス感染症拡大防止策による外出自粛やテレワークなどの影響も受け、届いた商品を確認したその場で支払いが完了できるニーズが高まってまいりました。このような背景を受けて、当社では後払い.comをご利用いただいている事業者様にご協力いただき、後払い決済ニーズについての独自調査を実施いたしました」

同社も述べているように、ECショップやサイトが多用な決済手段に対応することは、顧客の利便性を向上させてロイヤリティを醸成できるだけでなく、販売機会の喪失を防ぐ役割も期待できる。『後払い.com』が新たな決済手段に対応したことにより、その実現が図れ、売上向上を目指すEC事業者のビジネスをアシストすることになりそうだ。

ECのミカタ通信20号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事