「カラーミーショップ大賞 2020」はあのショップ!初のオンライン開催を詳報!

ECのミカタ編集部

GMOペパボ株式会社が運営する「カラーミーショップ」は、創意工夫を凝らしたネットショップを表彰する「カラーミーショップ大賞 2020」を20日、オンラインで開催した。

過去には「北欧、暮らしの道具店」や「パンと日用品の店 わざわざ」なども受賞している「ECの登竜門」とも言えるイベント。最高賞の大賞には、アクセサリー・ファッション雑貨を展開する「小さいふ。クアトロガッツ」(大阪府)が選ばれた。

全国4万店以上が参加、新人賞を新設

「カラーミーショップ大賞」は2014年から毎年開催しており、オンライン開催は7回目の今回が初めて。受賞者は各ショップや自宅などから出席した。

今年はカラーミーショップを利用している全国4万以上の店舗の中から、42店舗が各賞を受けた。まずカラーミーショップのスタッフが一次審査を実施し、「デザイン」「PR」「成長率」の各基準を満たした700店舗を選出。オファーを受けた394店舗を対象に一般投票を実施した。

今年は「新人賞」を新設。2019年にショップを開設し、本コンテストの審査基準(デザイン・PR・成長率)をバランス良く満たしているショップへ贈った。昨年に続き、「Amazon Pay」を利用して簡単・便利な購入体験を提供した店舗に贈る「Amazon Pay賞」も設けた。

毎日午後9時に新色発売、顧客と密なつながり続ける

大賞を受賞した「小さいふ。クアトロガッツ」のスタッフら

大賞の「小さいふ。クアトロガッツ」は「旅・アート・遊び」をコンセプトに、小さい財布・ミニ財布の「小さいふ」をはじめ、革小物をデザインから裁断・縫製・仕上げまで全てハンドメイドで製作している。社員は13人で、製造とネット運営を同時に担っている。2018年にはカラーミー大賞優秀賞を受賞している。

ツイッターやYoutube、インスタグラム・フェイスブックといったSNSをフル活用。商品の紹介をはじめ、製造工程や工場見学など、皮素材にまつわるさまざまなコンテンツを発信。「小さいふ」を購入した人が写真を撮った場所をGoogle マップ上に表示させるなど、顧客と密につながる企画を展開している。

中でも目を引くのが、毎日午後9時に新作をWebページで発表する取り組みだ。新作一つひとつにスタッフが命名し、モチーフなどを紹介している。手塚治虫作品のデザインとコラボするなど、これまでに5千パターン以上の独自のデザインを打ち出した。

毎日更新されるデザインにはスタッフの解説やデザインに対する思いが書かれている。「小さいふ。クアトロガッツ」のWebページより。

ウェブショップ担当の中辻晃生さんによると、ネットショップを立ち上げたのはおよそ10年前。専門家についてSNSを学んだり、知り合いに学んだりしてノウハウを習得した。

中辻さんは「誰もができることを誰もできないほど徹底的にやる、というのをやってきた。革製品は地味なものが多いが、その中で色や数、変わったカラーを仕入れ、世界に一つだけの種類を毎日出すコンテンツを工夫してきたのが大きい」とよろこびを語った。

「地域それぞれの文化を発信」

「小さいふ」を手に授賞式を総括する星隼人・GMOペパボ副社長

GMOペパボの寺井秀明・EC事業部長は「地域それぞれの文化を発信していたショップが多かった。それをベースに、時代に合うようアレンジしたショップが目立った」と今回の傾向を語った。
「コロナ禍でショップ開設数、流通額ともに大きくなっている」とし、「実店舗を持っている店舗がネットショップでも実績を出している例が多かった」とした。

星隼人・副社長は大賞のクアトロガッツについて、「もともと個人で心斎橋の近くで売ってたら人気になって、ネットショップを展開して拡大していった。個人で始まったプロジェクトがいろんな人を巻き込んだ、夢がある話」と評し、「昨今の苦しい流れがあるなか、できることは何かと考えて、(カラーミーショップを)より進化し支えるサービスにしたい」と結んだ。

カラーミーショップ大賞 受賞者一覧

◆大賞・優秀賞
年間を通して総合的に最も優れた店舗へ贈る
・小さいふ。クアトロガッツ(https://quatrogats.com

◆優秀賞
「デザイン・PR・成長率」の審査基準でバランスよく項目を満たしている上位店舗へ贈る
・イロドリ(https://irodori-store.com
・FAIR TRADE TRADE LIFE STORE(https://sisam.shop-pro.jp/
・京菓匠 笹屋伊織(http://sasayaiori.com
・DRESS HERSELF(https://onlineshop.dressherself.com
・中出農園(https://nakadefarm.com
・卒塔婆屋さん(https://sotouba.net
・山本食品オンラインショップ(http://yamamotofoods.shop-pro.jp
・モノとオト(https://monotooto.com
・ICCA(http://icca-life.com

◆地域賞
国内7つのエリア(北海道・東北、関東、東京、中部、近畿、中国・四国、九州・沖縄)を代表する店舗へ贈る
・MORIHICO.オンラインショップ(https://morihiko-ec.shop-pro.jp
・及源鋳造オンラインショップ(https://shop.oigen.jp
・石木花オンラインストア(https://shop.sekibokka.jp
・ヤマサコウショウ(https://yamasakousho.com
・ukakau(https://ukakau.com
・兵左衛門オンラインショップ(https://hyozaemon.shop-pro.jp
・田中金属製作所公式オンラインストア(https://waterconnect.shop-pro.jp
・Takemicloth(https://takemicloth.co.jp
・あんこ菓子専門店 都松庵(https://toshoan.com
・NAKATA HANGER(https://nakatahanger-shop.com/
・刷毛・ローラーで車をDIYで全塗装しよう!(http://brush-carpaint.com
・セレクトショップLisa(https://lisa-shop.com
・COTYLE(https://cotyle.com
・Daja online store(https://daja-online.com
・Nichibi Woodworks(https://shop.nichibi-ww.com
・たら子一番本舗(https://tarako1ban.com/
・PEOPLE(http://people-boutique.shop-pro.jp
・マイスター山野井(https://the-yamanoi.com
・サクラカネヨオンラインショップ(https://sakurakaneyo.shop-pro.jp
・やんばる酒造WEBショップ(https://takazato-maruta.com

◆ベスト店長賞
・HACHITEN 八、(https://hachiten.8eight.co.jp

◆ベスト商品賞
・sharefun®(しゃれふん)(https://sharefun.jp

◆ベストセレクト賞
・RetroPics.(https://retropics.jp

◆ベストデザイン賞
・Komons(https://komons-japan.com

◆新人賞
2019年にショップを開設し、本コンテストの審査基準(デザイン・PR・成長率)をバランス良く満たしているショップへ贈る。
・伊勢半本店 オンラインショップ(https://isehanhonten-onlineshop.com
・INMYLIFE potemkine(https://inmylife.shop-pro.jp
・Sonrisa Baby(https://sonrisa-baby.shop-pro.jp
・TRUE TOWEL(https://true-towel.shop
・FISHSTAND(https://fishstand.jp

◆にっぽん文化奨励賞
ネットショップで日本文化を発信している店舗へ贈る
・中谷武司協会(https://satonaka.shop-pro.jp
・ニットポンチョmino(https://mino-knit.com

◆Amazon Pay賞
「Amazon Pay」の決済を導入して、より多くの顧客に簡単・便利な購入体験の提供を実現した店舗へ贈る
・ONTOMO Shop(https://ontomo-shop.com

ECのミカタ通信20号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事