独自ポイントプログラムを設計できる『Axコマース byGMO』新機能の提供を開始

ECのミカタ編集部

GMOインターネットグループのGMOメイクショップ株式会社(代表取締役社長:向畑 憲良 以下、 GMOメイクショップ)が運営するハイエンド向け統合コマースソリューション「Ax(エーエックス)コマース byGMO(以下、Axコマース)」は、中核となるクラウドECシステムをアップデートし、2020年10月20日(火)より独自のポイントプログラムを設計できる「ポイント機能」を基本機能として提供を開始した。

EC事業者の顧客LTV最大化を支援

同社によれば、当該「ポイント機能」は、EC事業者が購入者へのポイント付与や利用の条件を柔軟に設定できるもので、リピーター獲得の施策の幅が広がることが期待されるとしている。複数ECサイトを運営する「マルチサイト」や、出品者を集められる「マーケットプレイス」の構築にも対応できるフルカスタマイズ型の「Axコマース」は、多様なECサイトの運営に合わせて独自にポイントプログラムの設計を可能にすることで、EC事業者の顧客のLTVを最大化する施策の実施を支援するという。

さらに「ポイント機能」は、ECサイトにおけるポイント付与の場面と、購入者がポイントを利用する場面において、様々な条件を設定することができる機能となっている。LTVの継続購入期間を延長する利用期限の長いポイントと、平均購買単価と購買頻度を高める利用期限の短いポイントを同時に付与・管理するといった複雑な設定も可能だ。

ポイント設定例

◆想定されるポイントの設定条件の例

[付与条件]

・会員のみ購入時にポイント付与
・会員登録時にポイント付与
・商品代金の〇%分のポイント付与
・〇円ごとに△ポイント付与
・商品ごとのポイント付与可否
・商品ごとに異なる料率/固定ポイント
・ポイント値引き分もポイントが加算される/されない
・税抜金額に付与/税込金額に付与

[利用範囲]

・商品のみ
・商品+手数料(送料・決済手数料)

[利用期限]

・変動型:
ポイントごとに固定の利用期限を持たず、最終購入日などから相対的に全ポイントの利用期限が変動する

・固定型:
ポイントごとに固定の利用期限を持つ

[利用条件]

・利用可能なポイントの下限/上限が設定されている
・商品ごとにポイントの利用可否が設定されている
・〇ポイント=1円で利用
・複数サイトでの共通利用

◆ポイント機能」を利用した施策例

[1]
基本ポイントは最終購入日から1年間有効

[2]
短期キャンペーンで基本ポイント料率アップ+利用期限の短いポイントを追加加算

→ [1]と[2]を組み合わせることで、LTVを延長しつつ、短期間でのリピート購入獲得に効果

効果を最大化するポイントプログラムを設計できる

同社では、「ポイント機能」提供開始の背景として次のように述べている。

「2019年の日本国内における物販分野のBtoC EC化率は6.76%(前年比0.54ポイント増)となっており、9年連続で右肩上がりに上昇する中で、ECサイトの種類も多様化しています。これに伴い、リピーター獲得に有効な施策の一つとされるポイントプログラムも多様化しています。具体的には、購入するごとに利用期限が延長されたり、キャンペーンなどの際に期間限定で付与されたりするほか、会員登録後に一定期間のみ使えるといったように、求める施策の効果により付与の条件や利用場面などが異なります。しかし、一般的なECシステムでは、1顧客に複数の付与条件や利用条件、利用期限などが混在するポイントを付与することは難しく、これにより思うような施策が実行できないという課題がありました。

GMOメイクショップが2019年5月から提供している『Axコマース』は、ECサイト構想段階でのコンサルティングから構築後の販売戦略の立案まで、ECサイト運営の全般をトータルでサポートするサービスです。中核となるクラウドECシステムに、 お客様(EC事業者)専用のクラウド環境を用意するシングルテナント方式と、ECサイトのフロントエンド(Web表示)とバックエンド(商品・注文・顧客の管理)を切り離したヘッドレス構成を採用しています。これにより、拡張性が高く自由度の高いフロント構築が可能となっており、お客様からはマルチサイトやマーケットプレイス型などの複雑なサイト構築のご相談を多数いただいています。こうした中、リピーター獲得施策として有効な『ポイント機能』についても様々なご要望が寄せられていました。

そこで『Axコマース』は、複雑に構築された複数のECサイトにも対応できる汎用性と、柔軟な条件設定が可能な独自の『ポイント機能』を開発し、基本機能として提供することといたしました。これにより『Axコマース』で構築されたECサイトは、得たい効果に合わせたポイントプログラムを設計でき、サイトの商品構成やターゲット層に応じて、最適なリピーター獲得施策を行うことができるようになります」

ポイントプログラムがサービスやショップの差別化と顧客の囲い込みに有効なのは、周知の通りだ。実際に、ECを含め多くのポイントプログラムが提供され、エコシステムとしての覇権をめぐって、しのぎを削っている。一方で、EC市場が拡大する中で、プラットフォームや自社EC、マーケットプレイスなど多様な提供形態が生み出されているが、そこで最適化された独自のポイントプログラムを提供するのは、開発や運用の面からも少なからずハードルがあるのも事実だった。「Axコマース byGMO」の新機能は、まさにこうした課題に正面から対応したものであり、より柔軟性の高いポイントプログラムを提供できる点でも画期的と言えるだろう。

ECのミカタ通信20号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事