EC・通販サイト向け!「ポップアップストア」支援に役立つサイト

ECのミカタ編集部

通常インターネットを中心に商品の販売を行っているEC・通販サイトが、期間限定で出店する「ポップアップストア」が人気です。一方で、出店を成功させるためには、ブランドイメージに合い、多くの集客が期待できるスペースを確保する必要があります。この記事では、スペースの選定をはじめ、「ポップアップストア」を出店する際に役立つサイトを紹介していきます。

ポップアップストア支援って何?

インターネットショッピングを利用する人の割合は年々増えており、多くの企業や個人がさまざまなネットショップを運営しています。一方で、商品を実際に手にとって手触りやサイズ感を確かめたり、利用者の反応を知ったりするためには実店舗の運営も魅力的だといえるでしょう。期間限定で出店する「ポップアップストア」は、この両者を叶えることができます。通常、実店舗での販売をしていないサイトが出店をするため、スペースやスタッフの確保、集客のための効果的なツールなど、準備しなければならないことはたくさんあります。こうしたことを一手に引き受け、スムーズに出店ができるようにサポートするのがポップアップストア支援です。

ポップアップストア支援を利用するメリット・デメリット

ポップアップストア支援を利用するメリットは、個人で借りることが難しい商業施設の一角などを実店舗と同じように借りることができることです。また、実店舗運営のノウハウが全くなくても、支援サービスのスタッフに相談しながら予算と希望に応じたスペースを探すことができます。

デメリットはあまりありませんが、強いて言えば費用がかかることです。集客力のある場所やおしゃれな什器が整った場所などを借りようとすると、当然費用はかかります。また、サイトによって利用できるサポートの種類が異なるので、サービスを選ぶ前に必要な事柄を把握しておきましょう。海外のサイトを利用する際は説明が少し分かりにくい場合があります。

EC・通販サイト運営者なら知っておきたいサイト5選!

カウンターワークス

カウンターワークスは、ポップアップストアのマーケットプレイス「SHOPCOUNTER」の企画、開発、運営を行う会社です。SHOPCOUNTERでは、エリア、利用用途、設備、什器の有無などを指定して全国1500以上のレンタルスペースを検索できるほか、専任コンシェルジュが、条件に合ったスペースの紹介や内覧の手配などを無料でサポートしてくれます。万が一、出店中に事故が起きたときのために、第三者とレンタル物件オーナーに対する補償プログラムが用意されているのが特徴です。この補償プログラムは追加料金不要で、SHOPCOUNTER経由で申し込んだ全予約に適用されます。会員登録は無料で、物件ごとに時間、日、週、月単位の価格設定があります。初心者のためのポップアップストア出店資料をホームページから取り寄せることが可能です。

##導入事例
4店舗の直営店とECサイトでレディスカジュアルシューズのブランド「AcureZ」を展開するアシックス商事は、商品に実際に触れてもらうことを目的にポップアップストアを出店しました。コスト削減、現場運営のアウトソーシング、集客したい層に合わせたロケーションの選びやすさなどに魅力を感じています。SHOPCOUNTERは、用途、目的に沿ったスペースが選びやすいため、継続して相談、利用しています。

more BASE

BASE株式会社が運営する「more BASE」は、インターネットショップ「BASE」加盟店限定のサービスです。加盟店がポップアップショップを出店する際に利用できる、全国の商業施設の情報を提供しています。2020年10月現在、渋谷マルイの実店舗出店スペース「SHIBUYA BASE」など全国の20施設が名を連ねています。ブランドロゴ入りのオリジナルパッケージ製作ができる「canal」、全国の小売店舗に卸販売ができる「orosy」など、他企業と提携したサポートサービスも便利です。利用するためには、まずBASEに無料登録しましょう。more BASEの料金は申し込む施設によって異なります。

##導入実績
BASEでハンドメイドのアクセサリーを販売している「Linola handmade jewelry」は、SHIBUYA BASEに出店しています。渋谷マルイという集客抜群な場所で、什器等を使用して実店舗同様の営業ができるのはポップアップストアの大きな利点です。ファンとの交流ができるほか、ポップアップストアから派生してネットショップの売り上げ増にも効果があります。

b8ta

2020年8月にオープンした「b8ta」はアメリカ生まれの小売ベンチャーで、日本ではb8ta Japanが運営しています。店頭であらゆるジャンルの最先端の商品を試すことができる「体験型ストア」で、これまでにない新業態のサービスです。月額の利用料金には、従業員の手配やシフト管理、在庫管理など店舗経営に必要なすべてと、店内で収集した来店者の行動や属性のデータの提供も含まれます。

企業やブランドに場所の提供をするだけでないところが一番の特徴といえるでしょう。出店を希望する場合は、ホームページ上から商品名、ホームページURL、連絡先などを記載して問い合わせてください。この際、商品のコンセプトやプレゼン資料を添付することもできます。利用料金は契約月数などによって異なります。

appearhere

appearhereはイギリスに本社を置く「Appear Here Limited」が運営するサイトです。このサイトでは、ロンドン、パリ、ニューヨーク、アムステルダムなど世界の大都市にあるスペースを借りることができます。CHANEL、LOEWE、Supuremeなどの一流ブランドをはじめ、小売業者や起業家たちが利用していることが特徴です。予約は、日、週、月、年単位で、料金は物件によって異なります。

メルカリステーション

メルカリステーションは株式会社メルカリが運営する旗艦店です。「メルカリを利用してみたいけれど出品の仕方が分からない」「商品を上手に撮影できない」「どのような発送方法が最適か迷う」といった人を対象に、メルカリを実際に体験できる場所として用意されています。

商品の撮影や梱包ができるブース、売れた商品を発送できる無人投函ボックス「メルカリポスト」などがあり、最適な梱包資材の提案から購入までを行うことが可能です。メルカリを利用して商品を販売している人にとっては、出品から発送までのすべてを行うことができる便利な場所といえるでしょう。メルカリステーション自体の利用は無料ですが、梱包資材の購入などには費用がかかります。

EC・通販サイトの集客につながる支援サービス利用を

店を構えるというと敷居が高いですが、ポップアップストアは支援サービスを利用すれば意外と簡単に出店が可能です。スペースだけを借りるものから、スタッフ、什器のすべてを委託するものまでさまざまな形態があるので、出店後にEC・通販サイトの集客にもつながるようなサービスを選択して、ポップアップストアを運営してみませんか。

ECのミカタ通信19号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事