コーヒーのサブスク『PostCoffee』が新たに資金調達を実施

ECのミカタ編集部

POST COFFEE株式会社は、D2C&Co.株式会社、三井住友海上キャピタル株式会社、株式会社サムライインキュベート、株式会社セレスを引受先とした第三者割当増資を実施した。

コーヒー診断の累計が10万回を突破

コーヒーのサブスクリプションサービス『PostCoffee』を運営するPOST COFFEE株式会社(本社 : 東京都⽬⿊区、代表取締役 : 下村 領)は、2020年11⽉、株式会社丸井グループの⼦会社であるD2C&Co.株式会社、三井住友海上キャピタル株式会社(MSIVC2020V投資事業有限責任組合)、株式会社サムライインキュベート(Samurai Incubate Fund 6号投資事業有限責任組合)、既存株主である株式会社セレスを引受先とした第三者割当増資を実施した。

また、12⽉12⽇(⼟)から12⽉15⽇(⽕)の期間、渋⾕MODI 1Fにてコーヒーボックスのカスタマイズを体験・購⼊することのできるポップアップストアを開催するという。PostCoffeeは「ライフスタイルを進化させる」をミッションに、「毎⽇のコーヒーを、もっと美味しく、スマートに」をビジョンとして、美味しいコーヒーとの出会い、新しいコーヒーライフを提供。コーヒー診断をすることで約15万通りの組み合わせから、その⼈のライフスタイルに合ったコーヒー、淹れ⽅、頻度、価格を提案。あなた専⽤のコーヒーボックスがポストに届く、コーヒーの定期便サービスだ。

2020年2⽉より正式にサービスを開始し、無料のコーヒー診断や、SNSでのコーヒーボックスの写真の投稿が反響を呼び、ベータ版(2019年3⽉〜2020年1⽉)と⽐較し、わずか半年で会員登録数が10倍に成⻑しました。またリリースしてからのコーヒー診断が⾏われた回数が累計10万回を突破したという。

「PostCoffee」の特徴

同社がまとめる「PostCoffee」の特徴は次の通りだ。

◆無料コーヒー診断

ライフスタイルや嗜好に関する10個の簡単な質問に答えることで、約15万通りの組み合わせからその⼈に合った好みのコーヒーを3種類、また淹れ⽅や頻度、量、オプションなどをカスタマイズして提案する。

◆定期的に届くコーヒーボックス

診断から導き出された3種類のコーヒー、またカスタマイズによって砂糖や粉末ミルク、フィルターなどがセットになったコーヒーボックスを1ヶ⽉ごと(または2週間ごと)にお届けします。またコーヒーがなくなってしまったら、追加での注⽂も可能。欲しいコーヒーを選んで購⼊すると(¥1,280/150g)、最短翌⽇でポストへ投函で届けられる。

◆30種類以上のスペシャルティコーヒー

コーヒーのラインナップは常に30種類以上。PostCoffeeを象徴するブレンド1種、他は単⼀の農園で栽培されたシングルオリジンだ。スペシャルティコーヒーのシングルオリジンでの種類数は国内最⼤級の品揃えになる。

◆フィードバック、リクエスト機能

届いて飲んだコーヒーのフィードバックをすることで、次に届くコーヒーがさらに最適化される。

さらに企業価値を高めて行く

各投資家からは、次のようなコメントが出されている。

D2C&Co.株式会社investment team 中島 優介 氏

「POST COFFEE社は、パーソナライズによる『⾃分に合った』選択肢や、梱包のデザインや店舗体験などのオンラインでもオフラインでも楽しめるユーザー体験を提供しております。これは当社グループが掲げる、共創の考え⽅や、新たな店舗の在り⽅と⼀致しており、是⾮仲間として共に成⻑していきたいと思っております。12⽉の渋⾕モディを⽪切りに、マルイ店舗でのポップアップイベントの実施や、エポスカードにおける決済⾯での連携などの協業を進めていきたいと思います」

三井住友海上キャピタル株式会社投資開発マネージャー 細⾕ 裕⼀ 氏

「初めてPOST COFFEEを飲んだ時、コーヒーってこんな味だったっけ!?という衝撃がありました。最⾼品質のスペシャリティーコーヒーが持つ美味しさを届けたいというPOST COFFEEの挑戦が、本資⾦調達でより⼀層加速することを願っております。⼀度、あなたの好みに合う、希少で厳選されたコーヒーの美味しさをお試しください」

株式会社サムライインキュベートCapitalist Investment Group 齋藤 武仁 氏

「元々サービスローンチ当初からPostCoffeeを利⽤しており、本当に美味しいスペシャルティコーヒーの魅⼒に⽬覚め、⼀ユーザーとしてサービスのファンでした。その後下村さんとお話しする中で、徹底的にユーザー⽬線から細やかな体験設計をされている姿勢に感銘を受け、出資・成⻑⽀援をさせて頂く意志決定をいたしました。今後は、新しいコーヒー体験の実現と普及に向けて伴⾛⽀援していきたいと思います」

株式会社セレス経営企画室 岩佐 琢磨 氏

「2019年の出資に続き、今回追加出資をさせていただきました。前回出資時には、デザイナー兼エンジニアとして、⻑らくデジタルクリエイティブ制作の会社を経営してきた下村兄弟、およびPostCoffeeメンバーの皆さんの作るサービスに期待し、出資させていただきました。その後、良質なユーザー体験を⽣み出すサービスを着実に形にされていくのを⾒させていただいてきた中で、今回の出資に⾄りました。今後の更なる成⻑を楽しみにしています」

またPOST COFFEE株式会社は、今後の展開として、今回の資⾦調達によって、コーヒーやRTD製品の⽣産・製造体制の強化、マイクロロースターと消費者を結ぶプラットフォームの構築、エンジニア、マネージャークラスの⼈材採⽤などを加速し、企業価値の向上をしていくほか、オンラインとオフラインがシームレスにつながったユーザー体験の構築を⽬指すとしており、これからの展開にも注目と言えそうだ。

ECのミカタ通信20号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事