[メルカリ] フリマアプリとクリスマスプレゼントに関する意識調査を実施

ECのミカタ編集部

メルカリ総合研究所(運営:株式会社メルカリ)は、クリスマスに合わせ、全国の20代~50代男女1,032人に対し、「フリマアプリとクリスマスプレゼントに関する意識調査」を実施した。ここではその概要についてポイントを絞って見て行く。

調査概要

調査時期:2020年11月10日(火)~11日(水)
調査方法:インターネット調査
調査対象:全国、20〜59歳、男女1,032名
※グラフ内の数値は小数点第二位以下四捨五入

約60%が「新品」、約20%が「中古品でもよい」

フリマアプリで購入したモノをクリスマスプレゼントとしてもらうことについてどう思うかを聞いたところ、22.9%が「新品(未使用品)・中古品問わずよい」と回答し、中古品でも抵抗がないことがわった。また、39.3%が「新品(未使用品)ならよい」と回答し、あわせて62.2%が新品(未使用品)を望んだ。

さらにフリマアプリで購入したモノをクリスマスプレゼントとして贈ることについてどう思うかを聞いたところ、20.4%が「新品(未使用品)・中古品問わずよい」と回答し、中古品でもよいと考えていることがわかった。また、43.0%が「新品(未使用品)ならよい」と回答し、あわせて63.4%が新品(未使用品)であればよいと回答した。

高年代層になるほど、フリマアプリ購入容認度が向上傾向

フリマアプリで購入したモノをクリスマスプレゼントとしてもらうことについて、「新品(未使用品)・中古品問わずよい」「新品(未使用品)ならよい」と回答した人を年代別に見ると、20代が57.4%、30代が60.1%、40代が67.1%、50代が64.3%となり、高年代層ほどフリマアプリでの購入容認度が高い傾向があることがわかった。

またフリマアプリで購入したモノをクリスマスプレゼントとして贈ることについて、「新品(未使用品)・中古品問わずよい」「新品(未使用品)ならよい」と回答した人を年代別に見ると、20代が55.4%、30代が62.0%、40代が67.8%、50代が68.2%となり、“もらうこと”と同様に、高年代層ほどフリマアプリでの購入容認度が高い傾向がうかがえる結果となった。

クリスマスプレゼントのフリマアプリ購入をよいと思う理由

フリマアプリ購入のクリスマスプレゼントをもらうことについて、よいと思う理由を聞いたところ「準備してくれるだけで嬉しい」(62.6%)が最も多く、次いで「品質がよければ問題ない」(46.4%)、「お店などでは購入できない希少品がある」(26.1%)となった。

また、フリマアプリ購入のクリスマスプレゼントを贈ることについて、よいと思う理由を聞いたところ「品質がよければ問題ない」(57.9%)が最も多く、次いで「お店などでは購入できない希少品がある」(41.5%)、「プレゼント代が節約できる」(19.0%)だった。

恋人・配偶者からのプレゼント「フリマアプリ」はアリ?

フリマアプリで購入したクリスマスプレゼントを恋人からもらうことについてどう思うかを聞いたところ、26.9%が「新品(未使用品)・中古品問わずよい」と回答し、中古品でも抵抗がないことがわかった。また、30.3%が「新品(未使用品)ならよい」と回答し、あわせて57.2%が新品(未使用品)であれば抵抗がないことがわかった。

さらに、フリマアプリで購入したクリスマスプレゼントを配偶者からもらうことについてどう思うかを聞いたところ、25.4%が「新品(未使用品)・中古品問わずよい」と回答し、中古品でも抵抗がないことがわかった。また、34.3%が「新品(未使用品)ならよい」と回答し、あわせて59.7%が新品(未使用品)であれば抵抗がないことがわかった。

結果サマリー

調査結果にあるように、フリマアプリ購入のクリスマスプレゼントを“もらうこと”と“贈ること”について、“もらうこと”は、全体の62.2%が「新品ならよい」、22.9%が「中古品でもよい」とし、贈ること”は、全体の63.4%が「新品ならよい」、20.4%が「中古品でもよい」と回答した。

また、高年代層になるほど、フリマアプリ購入容認度が向上傾向し、クリスマスプレゼントのフリマアプリ購入をよいと思う理由として、“もらうこと”についてよいと思う理由は「準備してくれるだけで嬉しい」が最多の62.6%となった。

さらに、フリマアプリ購入のクリスマスプレゼント容認度について、恋人・配偶者から、フリマアプリ購入のプレゼントを“もらうこと” 約60%が「新品ならよい」、約30%が「中古品でもよい」と回答した。

数字の上からは、やはりまだまだ、「晴れ」の要素の強い、クリスマスプレゼントにおいて、もらう場合も贈る場合も新品を望む声が大きい。その一方で、当人が欲しがっているビンテージものなどを、フリマアプリを活用しで探すといった使い方もあり得るだろう。普段使いのものをフリマアプリで購入することに抵抗がなくなってきている傾向があるだけに、今後、こうしたプレゼントをめぐる消費者のマインドがどうなっていくか、注目と言えそうだ。

ECのミカタ通信20号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事