ネクストエンジンがメルマガ運用を自動できる『manekine(マネキネ)』を正式リリース

ECのミカタ編集部

Hamee株式会社(本社:神奈川県小田原市、代表取締役社長:樋口敦士、証券コード:東証一部 3134、以下、Hamee)は、クラウド(SaaS)型ECプラットフォーム「ネクストエンジン」の拡張機能として、AI全自動メルマガ運用アプリ「manekine(マネキネ)」(商標登録出願済み、以下、manekine)を1月6日にリリースさせた。

メルマガ施策をスムーズに

Hamee株式会社は、クラウド(SaaS)型ECプラットフォーム「ネクストエンジン」の拡張機能として、AI全自動メルマガ運用アプリ「manekine」を1月6日にリリースさせた。「manekine」は、AI技術によって商品紹介メルマガの作成を行うだけでなく、メルマガの開封率やクリック率を分析し、自律的に配信精度を向上するアプリとなっており、特許出願中とのことだ。

同社では、「manekine」を利用することで、これまで業務負担の大きかったメルマガ運用の簡便化を実現し、メルマガ運用に費やしていた時間や労力を、他のクリエイティブな業務に活用することができるとしている。また、今後についてもEC事業者に利用してもらうことでAIの精度向上が期待できるほか、継続的な機能の追加・改善を予定する。

manekine概要

◆アプリ名の由来

利用しているだけで手間をかけずに集客する同アプリの機能は、店頭に居るだけで千客万来をもたらす「招き猫」を連想させることから、「manekine」という名称にしたそうだ。また、右手を挙げる招き猫は「金運」を、左手を挙げる招き猫は「人」を招く点もポイントとなったようだ。「manekine」によってEC事業者様の集客に貢献したいという思いを込め、左手を挙げた招き猫をモチーフといしたとしている。

◆「manekine」主な機能

[AIがメルマガを自動で作成]
ネクストエンジンのデータをアプリが分析し、購読者ごとに商品を選定してメルマガを自動生成。

[購読者に適した送信時間に調整]
購読者一人ひとりの状態から送信時間を調整し、開封率やクリック率の向上を図る。

[利用方法]
ネクストエンジンにログインのうえ、サービスURLより申し込み。なお、申し込みより最大2か月間は無料で利用できるという。

顧客事業者の声を反映

同社は、アプリの開発の背景として次のように述べている。

「これまで『ネクストエンジン』は、EC運営の自動化を旗印に、多くの事業者様のEC運営を支援してまいりました。また先般は、バックオフィス業務の効率化のみならず、EC事業の成長ドライバへの進化を目指し、AI技術を活用した『レコメンドメール自動配信』アプリのリリースなど、従来の領域に留まらないサービス開発にも取り組んでおります。

今回、Hameeが運営するスマートフォンアクセサリーのEC店舗『Hamee本店』において、メルマガ配信ニーズはあるものの、そのほか販売促進活動において優先順位が高まらないという声がありました。また、ネクストエンジンをご利用中のEC事業者様へのアンケートの結果、メルマガ運用は業務の負担が大きく、かつ自律的な運用を望む声が多いことが判明いたしました。

この課題を解決すべく『レコメンドメール自動送信』アプリの技術や、ネクストエンジンサービスの提供によって蓄積されたノウハウを活用し、EC事業者のメルマガ運用をAIにより自動化するアプリ『manekine』を開発いたしました。また、今回のアプリ開発にあたっては、ご賛同いただける複数のEC事業者様のご協力のもと、2020年6月よりクローズドβテストを実施いたしました。いただいたご意見を参考に、より実用的なアプリとすべく改修を続け、このたびのリリースとなりました」

EC市場においても日々、さまざまな顧客へのアプローチ手法が生み出されているが、そうした中においても根強く存在感を示すメルマガ。その一方で、同社も述べているように、メルマガを取り巻くオペレーションは、煩雑になることが多かった。今回の新運用アプリの投入によって、ネクストエンジンを使うユーザー事業者にとっては、そのオペレーションがスムーズになるだけでなく、プラットフォームとしての価値もさらに向上することになりそうだ。

ECのミカタ通信20号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事