ECのプロ1,000人が選んだ「JAPAN EC 大賞 2020」受賞企業が公表される

ECのミカタ編集部

一般社団法人日本通販CRM協会(本社:東京都品川区、代表理事:向 徹)は、EC通販担当者1,000人がリスペクトするEC通販企業をたたえる「JAPAN EC 大賞 2020」において全国のEC通販担当者の投票をもとに選出された企業を公表した。

開催概要

[投票者]
EC通販事業の担当者1,000人 
※モールへの投票などの無効票を除く

[投票項目]
5部門と総合大賞

[審査基準]
投票数が1番多い企業様に決定

[受賞発表]
2021年1月26日(火)

受賞企業

CRM(顧客との関係構築)において重要な要素だと定義する「顧客対応」「商品・サービス」「PR」「ブランド」「人材活躍」の5つの部門の1位と、総合大賞が下記の通り決定された。

<プロ1,000人が選んだJAPAN EC大賞2020 総合大賞>
株式会社 再春館製薬所

<プロ1,000人が選んだ本当にお客様対応が良い企業>
ライオン株式会社

<プロ1,000人が選んだ本当に商品・サービスが良い企業>
株式会社 再春館製薬所

<プロ1,000人が選んだ本当にPRが印象にのこった企業>
株式会社バルクオム

<プロ1,000人が選んだ本当に企業の想いを感じる企業>
株式会社 再春館製薬所

<プロ1,000人が選んだ本当に働く人がイキイキしている企業>
株式会社生活総合サービス(ていねい通販)

ECのプロ1000人が選ぶアワード

同協会では、開催に至る背景として次のように述べている。

「『JAPAN EC大賞』は、この業界に所属するプロの視点をもったEC通販の担当者1,000人がリスペクトしているEC通販企業を選ぶアワードです。EC通販事業をしているプロの担当者が素晴らしいとリスペクトするEC通販企業を選出し、『自社には投票しない公正な表彰文化』を実現することで、消費者の方にもEC通販をより深く理解してEC通販企業を選んでいただく好循環をつくりたいと思っております」

公表にあるように、再春館製薬所が総合大賞ほか複数の賞を受賞したほか、ライオン、バルクオム、ていねい通販が名を連ねた。同アワードは特に現場を知り尽くしたEC担当者が投票するものであることから、そのリスペクトは非常にリアルなものとも言えるだろう。「顧客対応」「商品・サービス」「PR」「ブランド」「人材活躍」が選定基準ともなっていることからも、これからのEC市場を考える上で期待のアワードであり、また受賞企業へは一層の視線が注がれることにもなりそうだ。

ECのミカタ通信20号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事