中国SNS上でのコスメ商品の拡散・売上向上を支援する『小紅書(RED)プロモーションパッケージ』の提供を開始

ECのミカタ編集部

アライドアーキテクツ株式会社は、中国展開を実施・検討中の美容系企業向けに、小紅書(RED)上での商品・ブランドについての話題を作り売上向上につなげる新サービス「小紅書(RED)プロモーションパッケージ」の提供を開始した。

商品・ブランドについての話題化や口コミの創出を実現

ソーシャルテクノロジーを活用した生活者マーケティング支援サービスを提供するアライドアーキテクツ株式会社(東京都渋谷区、代表取締役CEO:中村壮秀、証券コード:6081)は、中国展開を実施・検討中の美容系企業向けに、小紅書(RED)上での商品・ブランドについての話題を作り売上向上につなげる新サービス「小紅書(RED)プロモーションパッケージ」の提供を開始した。

「小紅書(RED)プロモーションパッケージ」とは、中国展開を実施・検討中の美容系企業向けに、企業公式アカウントの運営、KOLプロモーション・KOCプロモーションの実施を組み合わせて、小紅書(RED)上で商品・ブランドについての話題化や口コミの創出を実現し、売上向上につなげるサービスだ。中国の消費者は商品を購入する際にSNS上の口コミを重視することから、小紅書(RED)上での話題化や口コミの質・量を重視したサポートを行う。

サービスの特徴

同社がまとめるサービスの特徴は次のようなものだ。

◆企業公式アカウントの開設から日々の運営までサポート

小紅書(RED)の投稿トレンドや中国人の感性を熟知した中国人スタッフがアカウント開設、投稿内容の企画、制作、投稿作業、定期的なレポート報告まで行う。最新動向を把握した効果的な運営を恒常化することができる。

◆目的や予算に合わせて幅広いKOLを適切に起用したプロモーションの実施が可能

同社が保有する幅広いKOLネットワークや、日本での独占販売権を保有し100万人を超えるKOL・KOCが登録されているキャスティングプラットフォーム「WEIQ」、同社の連結子会社で日本人動画クリエイターやタレントの中国進出を支援するVstar Japan株式会社との連携により、中国在住中国人・在日中国人・日本人という幅広いKOLを起用することが可能だ。企業ブランドとの親和性や予算、過去のプロモーション起用実績等をもとに最適なKOLを起用し、画像投稿、動画投稿、ライブ配信など様々な施策の実施が可能となっている。

◆良質な画像・動画の口コミ創出が可能な在日や中国在住の中国人と連携したKOCプロモーションの実施が可能

同社が独自に構築する日本最大級の在日中国人女性コミュニティ「BoJapan」や、WEIQに登録されている中国在住中国人を起用したKOCプロモーションを実施し、小紅書(RED)への良質な口コミ創出、話題化、情報拡散等が可能だ。BoJapanでは、サンプリング、ライブ配信、調査、Zoomを活用した座談会、来店施策、コミュニティネットワークを活用したコンテンツ拡散など、"日本在住"というコミュニティメンバーの属性を生かした多彩なメニューから、企業の現状や課題に合わせて最適な施策を提案する。

中国市場の若い女性層に訴求できる

サービス提供の背景として、同社では次ように述べている。

「中国では近年、ライフスタイル・美容・ファッション・旅行などの情報を共有するSNS「小紅書(RED)」が人気を博しており、月間利用者数が1億人を超えています。ユーザーは女性が約8割、20代が約7割を占め、消費力・購買意欲が高いと言われているZ世代や中国都市部の女性が多いことが特徴です。Eコマース機能を兼ね備え、口コミ検索から購買までシームレスに行なうことができるため、小紅書(RED)上で閲覧数が上昇している化粧品をはじめとした女性向け商材を取り扱う企業のマーケティング活用にも注目されています。しかし、小紅書(RED)のトレンドを把握して、中国人の感性に合わせた画像・動画を制作したり、KOL・KOC等のインフルエンサーを起用したりするなど、日本企業が単独でプロモーション施策を実施するには多くの課題があります」

こうした課題を背景にサービスの提供に至ったのだ。購買意欲旺盛な億単位の消費者を抱える巨大な市場である中国。コスメ商品を中心に、日本製品には根強い人気があるが、新サービスによって、インフルエンサーやコミュニケーション・プラットフォームを通じたアイテムの認知拡大や自社やブランドとのロイヤリティ醸成が加速することになりそうだ。

ECのミカタ通信20号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事