ヤマトの『EAZY』がヤフオク!とPayPayフリマで利用開始へ 購入者の都合に合わせ、多様な方法で受取り可能に

ECのミカタ編集部

ヤマト運輸株式会社は、「ヤフオク!」とフリマアプリ「PayPayフリマ」の配送サービス「ヤフネコ!パック」に順次「EAZY」の提供を開始することを公表した。

玄関ドアや自転車カゴなど詳細な指定ができる

ヤマト運輸株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:栗栖 利蔵)は、ヤフー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 CEO:川邊 健太郎)が運営するネットオークションサービス「ヤフオク!」とフリマアプリ「PayPayフリマ」の配送サービス「ヤフネコ!パック」に順次「EAZY」の提供を開始する。

◆サービス内容

出品者が「ヤフネコ!パック」での発送を選択し、さらに購入者が商品購入後(PayPayフリマは購入時)の届け先住所の入力時に「置き配利用」を選択した場合、「対面」での受け取りに加え、「玄関ドア前」、「自宅宅配BOX」、「ガスメーターBOX」、「物置」、「車庫」、「自転車のかご」、「建物内受付/管理人預け」など、希望する場所での受け取りが可能となる。受け取り場所は、商品発送後にヤマト運輸から送付されるメール内のURLで指定、変更できる。また、受け取り方法は、配達の直前まで何度でも変更可能だ。

◆提供開始日

・「ヤフオク!」:2月24日(水)12時より
・「PayPayフリマ」:3月1日(月)より
※アプリは順次対応予定

サービス利用の流れ

[1]
商品購入後(PayPayフリマは購入時)の届け先住所の入力時に「置き配利用」にチェックを入れる(チェックを入れなかった場合は、通常の対面のみでの届けとなる)。

[2]
出品者が「ヤフネコ!パック」で商品を発送すると購入者に「お届け予定eメール」が届く。

[3]
購入者はメールに記載されたURLにアクセスし、受け取り場所を選択。

[4]
指定の場所に荷物が届く。

[5]
商品が配達されると、荷物を置いた場所を撮影した写真とともに購入者にリアルタイムで配達完了メールが通知。

[6]
荷物を受け取る。

※「ネコポス」は郵便ポストに投函するため対象外。

購入者の都合に合わせ、多様な方法で受取り可能に

同社は、サービス提供の背景および目的として次のように述べている。

「ヤマト運輸は2020年6月、EC利用者の多様な受け取りニーズに応える『EAZY』の提供を開始しました。対面に加え、『玄関ドア前』や『自宅宅配BOX』など、お客さまのご希望に合わせた多様な受け取り方法に応えるとともに、配達の直前まで何度でも受け取り方法が変更できる機能や、『置き配』時にリアルタイムの配達完了通知と撮像データがメール配信されるなどの利便性を提供し、多くのお客さまから好評いただいています。今回、『ヤフオク!』と『PayPayフリマ』がEAZYを導入することで、『ヤフネコ!パック』で発送された商品を、ご購入者のご都合に合わせ、置き配などの多様な方法で受け取ることが可能となります」

EC市場の発展と比例して再配達が社会問題化する中、ラストワンマイルを支える物流各社もさまざまな対応策を展開してきた。ヤマト運輸についても、社内体制の抜本的構造改革や料金改定、そして配送サービスそのものの拡充など、利用者の利便性に応える形で、再配達の軽減に取り組んできた。今回新たに、ヤフオク!とPayPayフリマで「EAZY」の利用が可能になったことで、ECにおける個人間取引においても、さらに利便性が高まることになりそうだ。

ECのミカタ通信20号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事