【過去最高】GMOメイクショップの年間総流通額が2,343億円に

ECのミカタ編集部

GMOインターネットグループのGMOメイクショップ株式会社(代表取締役社長:向畑 憲良 以下、GMOメイクショップ)は、ネットショップ構築ASP「MakeShop byGMO(以下、MakeShop)」において、2020年1月~12月の全ネットショップにおける年間総流通額が過去最高の2,343億円に達したことを公表した。

これにより、ECプラットフォームのうちパッケージやオープンソースなどを含まないASPの業界で、9年連続No.1(同社調べ)となったとしている。

導入店舗の増加と各ショップの成長が後押し

「MakeShop」は、ネットショップ運営に最適な初期費用・月額費用ともに1万円(税抜)という低価格と豊富な機能を兼ね備えた「プレミアムショッププラン」を主軸としており、同プランを含む上位プランの導入店舗数は2020年10月に1万件を突破したという。

2020年の新規導入店舗数は前年比144%、純増数では前年比245%と急成長を遂げており、また「MakeShop」の代理販売を行う販売パートナーの登録数も増加。2020年12月末時点で累計7,120件にのぼっている。パートナー経由の新規導入店舗数も前年比167%となり、「MakeShop」を紹介してもらう機会が増えたことが起因していると分析している。

さらに「MakeShop」を利用する事業者の売上も増加傾向にあり、各ショップの月商規模の分布データでは、2020年12月時点の月商1,000万円以上のショップ数が前年同月比155%となったそうだ。これらのことから、導入店舗数と各ショップにおける売上の増加が、総流通額の増加へつながったとしている。

「フード・菓子」ジャンルの成長が牽引

2020年の「MakeShop」における流通額を月別に見ると、初めて緊急事態宣言が発令された4月に前年同月比139%と急成長し始め、5月には155%に、2020年4月16日~5月14日の期間の流通額は、前年同期比165%となっている。以降も高い成長率を維持しており、外出自粛の意識の高まりがEC利用の増加につながっていることが見て取れる。

また、曜日別では土曜日と日曜日の成長率が高く、時間帯別では18時~20時の成長率が高くなったという。この傾向は、休日や夜間の外出を控える人が増加したことが背景にあると考えられるという。2020年の「MakeShop」における流通額をジャンル別に見ると、『フード・菓子』の成長率が最も大きく前年比170%となった。

さらにジャンル別の導入店舗数でも『フード・菓子』の店舗数が1位となっている。この傾向は、外出自粛により食料品店への買い出しや飲食店の利用を控える人が増えたことに加え、飲食店の営業自粛・営業時間短縮の影響からEC化による販路拡大を目指す事業者が増加したことが理由として考えられそうだ。

「MakeShop」では、以前より飲食店や食料品店を運営する事業者向けにネットショップでデリバリーやケータリングの注文を受け付けられる「ケータリング・デリバリーオプションを提供しており、2020年の新規導入件数は、前年比190%と大幅な成長をみせている。

ショップが売上をあげやすい環境整備に注力

同社では「流通額増加の背景」として次のように述べている。

「GMOメイクショップが運営する『MakeShop』は、2012年以降年間総流通額が業界No.1を獲得し続けている実績や、その時々のEC市場の動向に合わせたサービス強化を行っていることなどが評価され、ご利用いただくショップ数が年々増加しています。特に2020年は、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、巣ごもり消費需要の増加に象徴される消費行動のデジタルシフトが加速し、導入店舗数増加の後押しとなりました。また、1店舗あたりの流通額も大きく伸長した結果、2020年の年間総流通額は前年比135%の2,343億円に達し、過去最高を更新いたしました」

さらにECの利用率や新規ネットショップ開設の動きは、アフターコロナにおいても高まっていくことが見込まれるとしている。その上で、流通額増加に向けた今後の取り組みについては、引き続き業界トップクラスのサービスを提供し続けてきたノウハウをもとにしたセミナーの開催やサポート体制の強化、新機能の開発、有益な外部サービスとの連携など、ショップ運営者が売上を上げやすい環境の整備に注力して行くとしており、その進撃の行方に視線を送りたい。

ECのミカタ通信20号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事