BASEでのショップアプリが手軽にデザインできる Appifyが新機能を追加

ECのミカタ編集部

株式会社Appify Technologiesは、デザインのパーツをレゴ感覚で組み合わせることでBASE加盟店のアプリデザインが編集できる機能の提供を開始した。

スタンダードプラン加入で誰でも利用可能

アプリ作成プラットフォーム『Appify(アッピファイ)』を提供する株式会社Appify Technologies (本社:東京都港区、代表取締役:福田 涼介)は、デザインのパーツをレゴ感覚で組み合わせることでBASE加盟店のアプリデザインが編集できる機能の提供を開始した。

同社によれば、今回提供が開始された機能はAppifyのスタンダードプラン加入のすべてのショップオーナーが利用することができるという。さらに先に公開されたプレビュー機能と組み合わせることで、Shopify/BASEアカウントを持っている場合、誰でも試用が可能になっている。

デザイン機能で売り上げ大幅増も

「デザイン機能」は、パソコン上の管理画面から手軽にアプリのデザインの編集ができる機能となっている。ブロックを組み合わせる直感的な操作で、誰でも迷うことなくアプリのデザインを編集することが可能だ。

同社では、先行公開として2020年12月よりShopify利用者向けに、デザイン機能を提供してきた。ほぼ全てのショップオーナーが同機能を利用するなど、大変好評な機能となっているとしている。またデザイン機能を利用することにより、ブランドの世界観を十分に表現することが出来たことで売り上げが大幅にしたショップオーナーもいたそうだ。

BASEとの高い親和性

今回の公表に際してBASEから次のようなコメントが出されている。

「コードを書かずにアプリ上のショップデザインを変更できるので、表現の幅が広がり、アプリ内でブランドの世界観を表現しやすくなりました。機能の方向性としてBASEとすごく親和性があり、Appifyのサービスを利用して公式アプリを作成しているBASE加盟店の方々にとって素晴らしい機能です」

ハンドメイドを基軸に多くのクリエイターが利用するBASE。そこでのアプリのデザイン編集が手軽にできる新機能は、制作工数の削減だけでなく、ブランディングによって差別化を企図するショップオーナーのビジネスを加速させることにもなりそうだ。

ECのミカタ通信20号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事