三菱商事ファッションのD2Cプロジェクト“NAGIE”をShopify活用で支援

ECのミカタ編集部

スパイスファクトリー株式会社は、三菱商事ファッション株式会社の新プロジェクト「NAGIE」の新規ECサイトの開発を担当したことを公表した。

三菱商事ファッション × スパイスファクトリー

スパイスファクトリー株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役CEO:高木 広之介)は、三菱商事ファッション株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 村田 茂、以下「三菱商事ファッション」)の新プロジェクト「NAGIE」の新規ECサイトの開発を担当致したことを公表した。

NAGIEは、人や地球環境、社会の「循環」をテーマにした次世代型サステナブルD2Cプロジェクトで、ブランドビジョンの象徴ともいえる3つのPROMISE&GOALを提示している。またスパイスファクトリー社は、360°Digital Integratorを掲げ、Shopify Expertsでもあり、その知見を活かし、Shopifyを軸に様々な分野に渡って支援サービスを提供している。

PROMISE&GOAL

◆RECYCLING SYSTEM

再生ポリエステルを中心としたリサイクル素材を全品番に使用。生地は勿論、ボタンなどの付属に至るまで独自開発・調達したリサイクル素材を活用する他、顧客から不要になった商品を回収して新たな資源に変えていくことで、地球資源の循環を目指す。

◆MADE TO ORDER

一定受注量に基づく限定受注生産性を通じ、大量生産・大量廃棄が常態となっているアパレル業界の課題に対し、適切なタイミングで適切な量を最適な雇用環境のもと生み出すという方法でアプローチする。また、商品一品一品にシリアルナンバーを施し、大量生産を行わないものづくり、商品に対する姿勢を示していく。

◆GOOD FOR MIND

パッカブル仕様や吸水速乾で、着心地、動きやすさ、機能性を追及。多様な着用シーンを想定し、人々の感性に響くアイテムを届けるべく、デザイン性も重視する。着心地・機能性・デザイン性とサステナビリティの真の両立を目指す。

スパイスファクトリーの支援範囲

今回、拡張性や柔軟性、また運用性の観点からShopifyをメインプラットフォームとして採用しているという。360°Digital Integratorを掲げ、Shopify Expertsとしても活動している同社ならではの知見を活かし、Shopifyを軸にアプリ連携・カスタマイズや他ツールとの連携等柔軟に対応していくとしている。同社と大手商社系企業とのタッグにより、次世代型サステナブルD2Cプロジェクトの成功を企図し、その展開が進められていくことになりそうだ。

ECのミカタ通信21号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事