ecforceが『セット販売機能』の提供開始へ 定期販売の促進によるECサイトのLTV向上を支援

ECのミカタ編集部

D2C支援事業を展開する株式会社SUPER STUDIO(所在地:東京都目黒区、代表者:代表取締役 CEO 林 紘祐、以下:SUPER STUDIO)が提供するECプラットフォーム「ecforce」(イーシーフォース、以下:ecforce)は、本年5月よりECサイト上で商品をセット購入できる「セット販売機能」の提供を開始することを公表した。

ecforceのオプション機能として5月より提供へ

同社では、まずミールキットにおいては、「在宅率やQOL・健康意識が向上したことで、ECを利用してバランスの良い食事を摂ろうとする消費者が増加。多くの商品バリエーションの中から、購入者が好きな商品を選択し、献立を作る体験を届けたい」、またギフトでは「コスメ、雑貨、アパレルなどの領域で、EC上で予算内の複数商品をラッピングして届けられるようにしたい」。さらにキャンペーンでセット商品の販売では、「期間限定で複数商品を限定価格で販売したい」といったニーズがあるとしている。
 
これらのニーズに答えるべく、選択可能な商品群から条件にあった組み合わせをユーザーが自由に選択し、購入へと進む一連の流れをわかりやすいUX/UIによって実現した「セット販売」機能をecforceのオプション機能として、本年5月より提供することにしたのだ。

セット販売機能の利用事例

低糖質・高タンパク食の定期販売サービス「GOFOOD」を提供するゴーフード株式会社は、先行事例としてセット販売機能を活用。5食・10食・20食セットの提供プランを選択すると、プランに合わせた数量のメニューを選べる商品選択画面へと遷移する仕組みで、消費者の好みに合わせた商品を提供しているという。

D2Cブランドの声に対応

同社では、セット販売機能提供開始の背景として次のように述べている。

“外出自粛が続いているこの1年で、これまで先進国の中でもEC化が遅いとされていた日本国内でも多くの分野でEC化が進みました。しかし、急激なEC/D2C事業の加速により、D2Cブランドを展開するメーカーの担当者の方から(中略)複数SKUをセットで販売したいというニーズが多くでてきました”

今回の施策により、セット販売を利用した定期販売も可能になるため、定期販売で提供できる商品のバリエーションを拡充でき、定期販売の促進によるECサイトのLTV向上につなげられることになる。SUPER STUDIOでは、今後もEC/D2C事業運営の全工程においてワンストップでメーカーの支援をするサービスを提供していくとしており、その展開の広がりにも期待がかかるところだ。

ECのミカタ通信21号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事