InstagramとGoogleマイビジネスを自動連携する「STORE LINK」、複数アカウントの連携が可能に

ECのミカタ編集部

株式会社Holyday(本社:東京都港区赤坂)は、同社が提供するInstagramの投稿をGoogleマイビジネスへ自動連携できるサービス「STORE LINK(ストアリンク)」において、それぞれ複数のアカウントによる連携が可能になるアップデートを実装したと発表した。

InstagramとGoogleマイビジネスの自動連携が複数アカウント対応に

「STORE LINK」の利用者は、Instagramに投稿するだけで、Googleマイビジネスへ自動連携することができる。

従来は、InstagramとGoogleマイビジネスそれぞれ1アカウントずつの連携のみ対応していたが、今回のアップデートでそれぞれ複数のアカウントを紐づけることができるようになった。

「STORE LINK」でできること

「STORE LINK」は、「Instagramは利用しているが、Googleマイビジネスがなかなか活用できない」「スタッフのInstagramをもっと店舗運営に活用したい」「複数店舗の情報更新に時間差が出てしまう」といった悩みやニーズを持つ店舗に向けて開発されたサービスだ。

「STORE LINK」を利用すれば、下記のことが実現できる。

(1)Instagramを利用している方が「STORE LINK」を利用した場合、Googleマイビジネスに連携することが可能になる。

(2)Instagramの複数連携を活用した場合、複数スタッフの投稿が自動連携されるため、Googleマイビジネスの更新頻度が上がり投稿の幅も広がる。その結果、店舗の検索数や写真閲覧数が増加し、より多くの潜在顧客へのアプローチが可能となる。

(3)Googleマイビジネスの複数連携を活用した場合、1つのInstagramを更新するだけで、すべての店舗のGoogleマイビジネスが一括更新できる。全店舗同じタイミングでの更新が可能になり、一人で運営している場合でも、スピーディーで簡単に全店の対応が可能となる。

Google検索・Googleマップ検索からの集客を強化

「STORE LINK」は、InstagramとGoogleマイビジネスの2つのサービスを連携させることにより、店舗の集客力を高めるサービスだ。

Instagramの2倍以上のユーザーがいるGoogle検索とGoogleマップ検索からの検索結果として露出を増やし、店舗の集客力の強化とコスト削減につなげることが目的で、Instagramの投稿を自動連携することにより、利用者はGoogle側の更新の手間を省くことができる。

Googleマイビジネスの更新頻度が増えることにより、ローカルSEO(通称MEO)と言われるグーグルの検索結果順位にも寄与する。

ローカルビジネスを行う店舗にとって、Googleマイビジネスはきわめて重要な集客ツールだ。

特に飲食店の場合、「Googleのほうがグルメサイトよりもレビューが信頼できる」「現在地を基準に店舗を探せて便利」と考えている一般ユーザーが多いことから、Googleマップで検索して行くお店を決めるという行動パターンが広がっている。

その反面、Instagramの投稿には力を入れているのに、Googleマイビジネスは活用できていない店舗が思いのほか多い。そういった店舗は「STORE LINK」を使ってInstagramとGoogleマイビジネスを連携させることで、Instagramとは異なる層の新規顧客が獲得できる可能性が高まるだろう。

ECのミカタ通信21号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事