GROUNDが5億円の資金調達を実施 コア事業の加速化と新物流プラットフォーム構築を目指す

ECのミカタ編集部

GROUND株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役 CEO:宮田 啓友、以下「GROUND」)は、トラスコ中山株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:中山 哲也、以下「トラスコ中山」)と資本業務提携を締結し、資金調達を実施する予定であることを公表した。

コア事業の拡大と加速&新流通基盤の構築を支援

GROUNDは、さらなる事業拡大とEC・物流業界における新しい価値創出を目的に、トラスコ中山と資本業務提携を締結し、2021年6月末までに同社へ第三者割当有償増資を行うことにより、シリーズCラウンドとして総額5億円の資金調達を実施する予定であることを明らかにした。

当該ラウンドの資金調達は、GROUNDが推進するコア事業の拡大と加速、そして、トラスコ中山が掲げる新たな事業戦略である流通プラットフォーム「トラスコプラットフォーム」の構築支援を目的とするとのことだ。

調達資金の活用方針

[1]
次世代型物流施設の研究・企画・開発

[2]
AIによる物流データ整備およびAI物流ソフトウェア標準化モデルの研究・開発・提供

[3]
AIおよびロボットなど、先端テクノロジーを活用したソリューションにおける営業・販売体制の強化

また、事業拡大に向けた人材の積極採用や育成、物流領域における新しいテクノロジーのリサーチや開発体制の強化にも取り組み、包括的な企業価値向上に努めるとのことだ。

持続可能な物流の未来へ

公表に際して各キーパーソンからは次のようなコメントが出されている。

GROUND 代表取締役 CEO 宮田 啓友 氏

「GROUNDは『すべての人にとって永久に持続可能な物流の未来へ』をVisionに掲げており、我々はこれをAIやロボットなどの先端テクノロジーを活用した物流ソリューションを企画・開発・提供することにより実現したいと考えています。
トラスコ中山様とは2018年に国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構の助成事業『AIシステム共同開発支援事業』の共同実証実験にはじまり、弊社が提供するロボットソリューションを導入いただくなど、長期的なパートナーシップの下、さまざまな先進的な取り組みをしてきました。今回、弊社の事業やソリューションを高く評価いただき、資金調達を実施できたことを大変光栄に思っています。今後は、さらなる事業拡大に取り組むとともに、トラスコ中山様の流通プラットフォーム構築へ寄与し、両社の企業価値向上を目指します」

トラスコ中山 代表取締役社長 中山 哲也 氏

「当社はお客様の利便性向上を図るため、これまで物流・デジタルなど投資を行ってまいりました。GROUND様とは当社の物流センター『プラネット埼玉』での物流機器導入など、1つのお取引先様としてお取組を進めておりましたが、当社のあるべき姿を実現するにあたり、最新鋭の物流・ITソリューションは今後必要不可欠です。今後さらなる発展を見据え、当社のビジネスや物流における理解が深く、ロボットやAI物流ソフトウェアをはじめ、先端のソリューションの企画・提供で庫内の全体最適を図る能力を兼ね備えた同社との戦略的パートナーシップを締結すべく、資本業務提携を行う運びとなりました。最先端のテクノロジーを導入し、庫内の最適化に取り組んでまいります」

EC市場の急速な成長により、この10年で世界の流通モデルは変化した。消費者ニーズの高度化や多様化、配送短期化、人件費や運送費の高騰、物流施設管理者においては膨大な在庫管理や複数リソースの稼働管理など、流通・物流を取り巻く環境は厳しさを増し、ロボットやAIといった新しいテクノロジーやデータの活用に大きな期待が寄せられている。

また、少子高齢化の加速に伴い、2010年から2060年までの50年間における生産年齢人口の半減が大きな社会的課題の一つとなっている。そして新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う緊急事態宣言や外出自粛要請により、社会インフラとしてECや物流への需要が拡大し、その持続可能なあり方が問われるようになった。こうした背景を受け、今後、物流倉庫内の最適化に向けたニーズがさらに高まることが予想されており、同社の取り組みは、そのトレンドに対応し、果敢に挑戦する、その姿勢の一環と言えそうだ。

ECのミカタ通信21号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事