【MakeShop byGMO】2021年上半期の流通額が過去最高の1,306億円に

ECのミカタ編集部

GMOインターネットグループのGMOメイクショップ株式会社(代表取締役社長:向畑 憲良 以下、GMOメイクショップ)が提供するネットショップ構築ASP「MakeShop byGMO」は、サービスをご利用の全ネットショップの2021年上半期(1月~6月)の流通額が前年同期比120%の1,306億円となり、半期の流通額としては過去最高を更新したことを公表した。

昨年の年間総流通額は、+135%の2,343億円に

2020年以降、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出自粛の影響からECの利用率は高まっている。総務省統計局の家計消費状況調査によると、ネットショッピング利用世帯の割合は2020年5月に50.5%となり初めて50%を超え、2021年5月には1.6ポイント増の52.1%に上昇した。

「MakeShop byGMO」においてもコロナ禍でのEC需要の増加が後押しとなり、2020年以降の導入店舗数とショップの売上が急成長した。2020年10月、651もの豊富な機能をすべて利用することができ本格的なネットショップ運営に最適な『プレミアムショッププラン』以上の導入店舗数だけでも1万件を突破し、2020年の年間総流通額は前年比135%の2,343億円となった。

今年上半期の流通額は、+120%の1,306億円で過去最高

長引くコロナ禍の影響もあり消費行動のデジタルシフトが進んだことから、2021年においても「MakeShop byGMO」の成長は続き、2021年7月時点の『プレミアムショッププラン』以上の導入店舗数は1万1千件に上り、2021年上半期の流通額は、前年同期比120%の1,306億円となり過去最高を更新した。

消費行動のデジタルシフトが進んだこともあり、ECの利用率増加や新規ネットショップ開設の動きは、アフターコロナにおいても高まっていくことが見込まれる。引き続きGMOメイクショップは、ショップ運営者が売上を上げやすい環境を整備するため、新機能開発やデザインテンプレートの拡充、サービス連携の強化に加えて、マーケティング支援や運営代行など一気通貫のサポート体制によりショップ運営者の事業成長に注力するとしている。

今後も店舗が抱える課題に向き合う

GMOメイクショップは、「Commerce for a better future./商取引でより良い未来に」をミッションに掲げ、ネットショップ構築ASP「MakeShop byGMO」を中核としたECプラットフォーム事業や、マーケティング支援事業、EC運用受託事業を展開してきた。

「MakeShop byGMO」は、2020年には年間総流通額が2,343億円に達し、主軸となる『プレミアムショッププラン』とカスタマイズ対応ECソリューション「GMOクラウドEC」の『MakeShopエンタープライズプラン』を合わせた導入店舗数が2021年7月に1万1千件を突破。そして今回、2021年上半期の流通額は、前年同期比120%の1,306億円となり過去最高を更新した。

GMOメイクショップは、今後も広範なEC領域において、店舗が抱える様々な課題を解決できるよう、サービスの強化を図り、国内のEC市場の活性化に貢献するとしており、好調な業績をもとに、さらなる飛躍が期待できそうだ。

ECのミカタ通信21号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事