オンライン試着のVirtusize、Shopify向けにサイズレコメンドアプリを提供開始

ECのミカタ編集部

オンライン試着プラットフォームを提供する株式会社Virtusize(代表取締役:上野オラウソン・アンドレアス、本社:東京都港区、以下「Virtusize」)は、Shopifyを利用する事業者向けにサイズレコメンドアプリの提供を開始したと発表した。

Shopify事業者からのリクエストで開発

Virtusizeには、Shopifyを利用する事業者からサイズレコメンドサービスの導入を希望する声が多数寄せられていたことから、より手軽に利用できるアプリ開発に努めてきたという。

今回、Shopifyアプリ「おすすめサイズ」をリリースしたことで、低額かつ追加開発なしでのサイズレコメンドサービスの利用が実現する。

「おすすめサイズ」アプリでは、Virtusizeの強みであるサイズ感のお悩み解決機能に加え、顧客理解に不可欠なデータ分析サービスも利用可能。ユーザーが身長・体重など基本情報を入力するだけで自分だけのシルエットを作成し、商品と比較することができる。

ユーザーデータ分析サービス

性別・身長・体重・年齢別の利用数値など「おすすめサイズ」独自のデータを確認することで、利用ユーザーの傾向を把握して商品開発やマーケティングにも活用できる。

サイズ表記チェッカー

商品ページ内に記載されているサイズ情報を入力することで、「おすすめサイズ」機能に反映できるかどうかを簡単に確認可能。フォーマット要件も詳細に記載してあるため修正も容易だという。

同社が提供する「バーチャサイズ」は、「商品と手持ちのアイテム」や「商品と自分の体」のイラストを重ね合わせることでサイズを比較できるオンライン試着ソリューションだ。

今回、「おすすめサイズ」アプリがリリースされたことで、Shopifyに出店しているEC事業者も容易にサイズレコメンドサービスが導入できるようになった。

サイズレコメンドサービスの活用は、ユーザーの購入時の不安軽減はもちろんのこと、購入単価向上・返品数の削減など、EC事業者側にも大きなメリットをもたらすことが期待できる。

ECのミカタ通信21号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事