食品・飲料業界向けAIソリューション『Lazuli PDP for F&B』の提供開始 商品情報をECに活用できる

ECのミカタ編集部

Lazuli株会社(本社:東京都文京区、代表取締役:萩原 静厳、以下Lazuli)は、食品、飲料の業界向けに、AIソリューション「Lazuli PDP for F&B (Food and Beverage)」の本格的な提供を開始した。

8月3日より提供開始

AI技術を活用した、クラウド製品マスタ「Lazuli PDP」の開発・提供を行うLazuli社は、8月3日より、食品、飲料の業界向けに、商品に関するデータを統合・管理するためのデータ基盤を構築し、商品情報をデジタル施策に活用するためのAIソリューション「Lazuli PDP for F&B (Food and Beverage)」の提供を本格的に開始した。

Lazuliが開発・提供する「Lazuli PDP」は、複数の外部データベースに点在していた商品情報を一括して管理し、またデータを活用しやすい形に整理、拡張するためのPDPだ。メーカーや小売業者、製薬業者などが保有する多様な商品マスタデータを、AIを活用して名寄せし、効能や製品の特徴からメタタグの付与や関連付けを行う。これらの情報が「NINJA DB」に格納され、「Lazuli PDP」として、ユーザーに提供される。

商品情報をECに活用できる

今回、提供が開始される「Lazuli PDP for F&B」は、Lazuliが開発・提供する食品・飲料業界向けソリューションとなっている。食品、飲料の商品情報に関する名寄せ、正規化、特徴などの情報の付与をSaaSの形で顧客企業に提供される。

食品メーカーや飲料メーカー、また食品や飲料のデータを分析する企業などに対し、商品情報の収集、整理、拡張により、POSデータに代表される顧客データ分析やEC、AI活用の加速を実現。

同ソリューションの提供により、商品情報を他のシステムやツールと連携させて活用できる基盤が構築でき、食品や飲料領域でDXを進めている企業にとって、より深い顧客理解と顧客体験価値向上の実現が期待される。

2021年内に5社の導入を目指す

食品、飲料業界では多くの企業が、マーケティングデータの分析やオンラインビジネスの推進、AIの活用などに取り組んでいる。その中で必要になってくるのが、商品情報の入手、名寄せ、分析に必要な追加情報の生成だ。

しかし、これには多くの人手をかけて維持・更新をしなければならない、という実態がある。そして、商品情報を実際に分析やEC等に活用できる形にするためには、労働集約的に対応するか、諦めるしかない、という課題があった。

この課題に対応するために、今回、新たなソリューションの提供に至ったのだ。Lazuliでは、すでに複数の大手企業とのPoCを重ねており、2021年後半には、大手食品加工・卸、及び飲料メーカーによる本格導入を予定しているという。

Lazuliでは、食品・飲料業界向けソリューション「Lazuli PDP for F&B」の提供により、2021年内に5社の導入を0目指すとしており、今後の展開にも注目と言えそうだ。

ECのミカタ通信21号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事