【BASE】再入荷の問い合わせ対応を軽減する『再入荷自動通知 App』の提供を開始

ECのミカタ編集部

BASE株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役CEO:鶴岡 裕太 以下 BASE)が運営するネットショップ作成サービス「BASE(ベイス)」は、商品の再入荷に関するショップオーナーの問い合わせ対応の負担を軽減できる機能「再入荷自動通知 App」の提供を2021年8月10日(火)より開始した。

再入荷希望数を一覧で確認できる

「再入荷自動通知 App」とは、ネットショップ作成サービス「BASE」加盟店を対象に提供する拡張機能「BASE Apps」の新機能で、売り切れ商品の在庫補充時に、入荷を希望する購入希望者に再入荷通知メールを自動送信することが可能だ。

これにより「BASE」加盟店は、これまで再入荷の問い合わせに対して個別に行っていたメール送付などの返信が不要になり、問い合わせ対応の負担を軽減できるほか、商品ごとの再入荷希望数が一覧で確認できるため、商品の需要を把握し、今後の販売方針や商品制作、入荷の優先度などを判断することができるものとなっている。

◆「再入荷自動通知 App」機能概要

提供開始日: 2021年8月10日(火)
対   象: 「BASE」加盟店
費   用: 無料

「再入荷自動通知 App」の特長

◆問い合わせ対応の負担を軽減

今まで数多くの再入荷の問い合わせに個別に連絡をする必要があったが、「再入荷自動通知 App」を利用すると、在庫補充時に入荷通知を自動送信できるため、問い合わせ対応の負担が軽減できる。

◆商品の需要把握が可能

商品ごとの再入荷希望数が一覧で確認できるため、売り切れ商品の需要を把握し、今後の販売方針や商品制作、入荷の優先度などを判断することができる。

◆商品の販売促進に貢献

売り切れ商品の在庫補充時に、入荷を希望する購入希望者に対してすみやかに入荷を知らせることができるので、商品の販売促進にも貢献する。

「再入荷自動通知 App」提供開始の経緯

同機能の提供は、「BASE」加盟店の問い合わせ対応の負担の軽減を目的としているという。「BASE」加盟店に寄せられる全問い合わせ件数のうち、再入荷に関する問い合わせを月に10件以上受けているショップは89.3%を占めている(BASE調べ)。

これまで、「BASE」加盟店は、再入荷の問い合わせに対して、個別に連絡をする必要があり負担が大きかったことと、再入荷の問い合わせと通常(再入荷希望以外)の問い合わせが同じ受信ボックスに届くため、商品ごとの再入荷希望数が一覧で確認できない課題があった。こうした課題を解消するために、同機能の提供に至ったのだ。今回の新機能追加によって、ショップの利便性が高まり、その価値をさらに高めることになりそうだ。

ECのミカタ通信21号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事