ファッションECトレンビがアメリカブランドの取り扱いを開始 コーチ、トリーバーチ、マークジェイコブス、ケイトスペードなど約80点を販売

ECのミカタ編集部

海外ファッション専門のECサービスを提供しているトレンビジャパン株式会社(東京都港区)のサービス「トレンビ」がヨーロッパのブランドだけではなく、新たにアメリカのブランドの提供を開始した。これにより人気のアメリカのブランド商品が現地価格で購入できるようになった。

アメリカ商品、約80万点を取り扱い

イギリスから始まった海外ファッション通販サイトであるトレンビは、イギリスやドイツ、フランスなどのヨーロッパの商品に加え、新たにアメリカの商品を入荷し提供することになった。コーチやトリーバーチ、マイケルコース、マークジェイコブス、ケイトスペードなどの有名なブランドを含めたアメリカのブランドを中心として大量の商品の展開が開始されている。

今回のアメリカブランド取り扱い開始により、トレンビの商品がより多彩になった。本来アメリカでしか買えない限定商品、そしてアメリカ現地のセール商品までの様々な商品がトレンビに入荷。その商品数がおよそ80万点にのぼる。ヨーロッパの商品まで合わせたトレンビで取り扱っている商品の数は、150万件以上になるという。

トレンビのアメリカ法人から直接対応

トレンビは、買い付けから検品、配送までのすべての工程をトレンビが直接行うサービスだ。アメリカもヨーロッパと同じく、トレンビのアメリカ法人があり、現地で直接対応するので安心した買い物ができるとしている。

トレンビは業界初として偽物の場合は購入価格の2倍を返金する「本物保障制度」を実施している。この制度はアメリカの商品も同じく適用され、すべての商品に対して「本物保障制度」を提供している。

月利用者数600万人、累積販売件数約50万

「トレンビ」は、日本を含めイギリスや韓国、アメリカ、ドイツ、フランスなどの6ヶ国に法人を持っているグローバルファッションIT企業であるtrenbe inc.のECサービス名だ。

トレンビは、2020年9月からBUYMAを通じて日本でのビジネスを開始し、日本ビジネスの展開のため、2020年10月に日本法人である「トレンビジャパン株式会社」を設立した。そして2021年7月に日本の正式サービス及び公式サイトをオープンして本格的な展開を行っている。

各国に滞在している約200名のスタッフが「顧客満足」という目標にむけて活動しているトレンビは、自社独自のIT技術で、全世界の正式販売先から最安値のブランド品を見つけ出し、プレミアム検品や配送などを加えて最適価格で商品を提供してきた。

月利用者数600万人、累積販売件数約50万件であるトレンビは、高いクオリティーのサービスが提供できるように努めてきたが、今回、これまでのヨーロッパのブランドに加えて、アメリカのブランドを取り扱うことによって、その価値をさらに高めることになりそうだ。

ECのミカタ通信21号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事