Shopify上のポイントプログラムで顧客とのロイヤリティを強化 『Appify VIP』の提供を開始

ECのミカタ編集部

株式会社Appify Technologies(本社:東京都港区 代表取締役:福田 涼介)は、Shopify Japan 株式会社 (本社:東京都渋谷区、日本カントリー・マネージャー:太原 真 、以下:Shopify) と連携し、『Appify VIP』の提供を開始したことを公表した。

Shopifyユーザーであれば手軽に導入できる

Shopifyをアプリ化する『Appify Mobile(アッピファイ モバイル)』を運営する株式会社Appify Technologiesは、「Shopify」を展開する日本法人Shopify Japan 株式会社と連携し、Shopifyで構築したオンラインショップと店舗やアプリを共通化したポイントプログラムを含むロイヤリティプログラムの『Appify VIP』の提供を開始したことを公表した。

Appify VIPの利用方法は、次の通りだ。Shopifyを利用しているマーチャントであれば、アプリページからストアにインストールすることで使うことができる。現在、他のサービスでポイントプログラムを既に利用しているマーチャントは、移行の手続きなどのサポートも実施されており、アプリをインストール後、VIP管理画面内のサポートチャットから問い合わせをすることが可能だ。

Appify VIPで実現できること

ポイントプログラムは実店舗やオンラインストアでの購入や会員登録などのイベントに対してポイントの付与が実現できるという。ポイントの利用に関しては要望が1番多かった1ポイント1円で店舗・オンラインストア・アプリのどのチャネルからでも共通で利用が可能になるとしている。

会員ランクプログラムは、顧客のポイント数を元に顧客をランクに分けて管理することができる。このランクを使って、例えば商品を多く購入されている人にだけ新商品の先行販売や限定商品の購入機会を提供することなどが実現でき、特別な権利を提供してロイヤリティを育てることが可能だ。そしてそれらの権利を特定のランクの顧客にだけメール配信、プッシュ通知配信、お知らせ配信をダイレクトに届けすることができる。

今後は会員ランクごとのポイント付与率の変更や誕生日に指定のポイントを付与するなどポイント付与のバリエーションを増やしていく予定とのことだ。さらに友達紹介プログラムやポイントにかかわらず大切な顧客にはバッヂを付ける機能を提供するなどロイヤルティプログラムの充実を行うとしている。

Appify VIPをテスト段階で利用したマーチャントの中にはポイントプログラムを顧客には見えない形で提供し、値下げせずにどの顧客がどれくらい購入しているかを内部で手軽に把握してマーケティングに活用しているケースもあるという。

ポイントプログラムをただの「値引き」にしない

公表に際して、同社では次のように述べている。

「Shopifyを使えば大企業でも個人でも誰でも簡単にオンラインショップを開設できます。さらに現在ではShopify POSを使うことで簡単にオンラインショップと店舗を連携できるようになりました。さらにAppifyがShopifyを簡単にアプリ化するAppify Mobileを提供することで店舗・オンラインストア・アプリが連携し、マーチャント様はモバイルアプリを通じて簡単にお客様にプッシュ配信・販売促進ができるようになりました。今回はこれに加えてお客様をロイヤルカスタマー(商品・サービス・企業に愛着心をもっている顧客)となってもらうためのロイヤリティプログラムを提供することでマーチャント様の売上向上、利益向上に寄与します」

同社によれば、Shopifyをモバイルアプリに変換するAppify Mobileの提供をしている際に多くのマーチャント(事業者)からの要望が「ポイントプログラムの導入」だったそうだ。しかし多くの企業がポイントプログラムは「実質的な値下げ」で止まっており販売促進になっておらず「利益率の低下」を招いているのが実情だ。

本来のポイントプログラムに必要なのはマーチャントから顧客へ「直接プッシュできる仕組み」と「商品・コンテンツ提供を通じた顧客への働きかけ」による「消費の推進」であるだろう。マーチャントとの対話でポイントプログラムだけでは不十分である点にフォーカスし、ポイントプログラムを内包する「Appify VIP」というロイヤルティプログラムを提供することになったのだ。

Appify VIPとAppify Mobileを組み合わせることでマーチャントは「値下げをして待つ」から「顧客へ自ら働きかけ売上を増やす」活動にポイントプログラムを進化させることが可能となり、Shopify上での売り方に変革をもたらすことにもつながりそうだ。

ECのミカタ通信22号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事