ヤマト運輸『宅急便をスマホで送る』がWeb領収書とAppleウォレットに対応

ECのミカタ編集部

ヤマト運輸株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:長尾裕)は、「宅急便をスマホで送る」に「Web領収書ダウンロード機能」を追加し、あわせて「Appleウォレット」への対応を開始したことを公表した。

宅急便の発送をスマホで便利に

ヤマト運輸は、宅急便の発送手続きをスマートフォン(以下、スマホ)で完結できるサービス「宅急便をスマホで送る」に、2021年11月15日(月)から、Web領収書ダウンロード機能を追加し、あわせてAppleウォレットへの対応を開始した。同社は、これにより経理業務のペーパーレス化への対応と、テレワークなどで増えている立替払いでの発送時の利便性向上を支援するとしている。

2019年9月から提供を開始した「宅急便をスマホで送る」は、送り状の作成から運賃のオンライン決済まで、宅急便の発送手続きをスマホの専用サイトで完結できるサービスだ。利用者は、送り状の手書きが不要になり、事前に予約した2次元コードを店頭でかざすだけで荷物の発送ができる。

追加された機能の概要

◆Web領収書

「宅急便をスマホで送る」の履歴画面から、利用分の領収書をPDFでダウンロードし、利用者自身のスマホに保存することができる。

[Web領収書の対象となる荷物]
サービス開始日(2021年11月15日)以降に、
①オンライン決済が完了した荷物
②発送予定日から13か月以内の荷物

※Web領収書の発行回数に制限はない。ただし、2回目以降の発行は「(再発行)」と記載される。

◆Appleウォレット

Apple社が提供するiPhone(iOS 9.0以上)アプリケーション「Appleウォレット」にて、「宅急便をスマホで送る」で荷物の発送予約をした2次元コードを管理できるようになる。Appleウォレットのパスに追加することで、発送予定日に予約店舗へ近づくと、Apple社製端末の画面上に通知が表示され、ワンタッチで発送用の2次元コードを表示することが可能だ。

ECでの利便性向上にも寄与

公表に際して同社は次のように述べている。

「近年、テレワークの普及などにより、お客さまが会社の荷物を立替払いで送るケースが増えています。また、2022年1月から改正電子帳簿保存法が施行されるなど、経理業務のペーパーレス化が進んでいます。これまでは、お客さまが領収書を希望される場合、都度手書きの領収証を発行していましたが、Web領収書ダウンロード機能を追加したことにより、立替払いでの発送時もスマホで簡単に領収書をダウンロードできます。

また、経理業務のペーパーレス化に対応し、企業における紙の使用量削減や経理業務の効率化にも貢献します。さらに、Appleウォレットに対応したことで、荷物の発送予定日に予約店舗へ近づいた際に、Apple社製端末の画面上に荷物情報の通知を表示できます。これにより、通知からワンタッチで荷物情報の2次元コードを表示することが可能です」

送り状の作成から運賃のオンライン決済まで、宅急便の発送手続きをスマホの専用サイトで完結できるサービス「宅急便をスマホで送る」。利用者は、送り状の手書きが不要になり、事前に予約した2次元コードを店頭でかざすだけで荷物の発送ができる。

今回あらたにWeb領収書とAppleウォレットに対応したことで、テレワークや経理業務のペーパーレス化の支援が強化されることになった。この機能は、小規模EC事業者やリユースECの利用者にとっても利便性向上に寄与することになりそうだ。

ECのミカタ通信22号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事