チャネルトーク、Shopifyやfutureshopの成功事例から作った「クリスマス・年末年始商戦施策レシピ集」を公開

ECのミカタ編集部

CRM・接客チャット「チャネルトーク」(株式会社Channel Corporation、所在地:東京都新宿区、CCO:坂本彩)が、「クリスマス・年末年始商戦施策レシピ集」をリリースした。

本レシピ集では、購買率UPなど、他社の成功事例テンプレートを提供。簡単なカスタマイズを加えるだけで、顧客情報や行動に最適化された「お客さまへの話しかけ」施策を実行できる。Shopifyやfutureshopで構築したオンラインストア専用のレシピも提供し、導入から実行まで10分程度で完了するという。

効果的なCRMマーケティング施策をすぐに実行

クリスマス〜年末年始商戦では、実店舗だけでなくオンラインストアの施策に取り組むストアが増えています。特に今年は、コロナ禍で混み合うホリデーシーズンの外出控えも予想され、オンラインの重要性が高まっている。同社には、「とはいえ忙しく、素早く効果的な施策を行う方法はないか」というEC事業者からの悩みが寄せられていた。

そこで今回、購買率・購買前相談数アップに対する成功率の高い効果的なCRMマーケティング施策をすぐに実行できる「クリスマス商戦・年末年始商戦施策レシピ」のリリースに至ったという。

すでに他社で成功した事例テンプレートが用意されており、簡単なカスタマイズを加えるだけで、顧客情報や行動に応じた「お客さまへの話しかけ」を始められる。Shopifyやfutureshopで構築したオンラインストア専用のレシピも提供しており、チャネルトークのサイト設置から施策実行まで10分程度で完了する。

また、12月14日までにクーポンを申請した新規利用者には、クリスマス・年末年始商戦施策でチャネルトークを完全無料で使える、1ヶ月間無料クーポンを進呈する。

【レシピ例】ギフトコンシェルジュへの相談を提案

成果①:購買につながるチャット件数が2倍
成果②:相談後の購買率が50%

ターティング:
商品一覧もしくは商品ページに訪問してから2分後
※Shopifyで構築したECは、設定の変更必要なし

多数のオンラインストアで活用され、最も成功率の高い、購買前のチャット相談件数を増やす成功事例レシピ。クリスマスにニーズが急激に高まるギフト相談を誘導することができる。

さらに、ギフト購入時に付随するラッピングや配送日、メッセージカードなどの細やかな案内もできるため、商品決定後の離脱を防ぐことができる。これにより、購買率が50%程度になったShopifyのオンラインストア事例が多数報告されている。

【レシピ例】ギフト包装の提案でギフト購買増加

成果①:閲覧に対する購買率33.3%
成果②:ギフト包装注文件数が作年対比1.5倍

ターゲッティング:
ギフト包装の購買率が高い商品ページに訪問してから2分後

オンラインストアでギフトを購入するにあたって、ラッピングに不安を感じる人が一定数存在する。また、ギフト包装ができること自体に気が付かない人もいる。

そこで、ギフト包装の購売率が高い商品を調べて、その商品ページを閲覧したユーザーに①「ギフト包装ができます」というメッセージ ②ギフトのイメージ写真 ③ギフト包装に関する詳細リンクを表示するよう設定。その結果、昨年のギフト包装注文件数と比較して1.5倍の注文数を達成した(futureshopで構築したワイシャツ専門店「ozie」の事例)。

【レシピ例】福袋など、限定商品の販売お知らせ登録増加

成果:閲覧の20.0%がメルマガ登録

ターゲティング:
オンラインストア訪問後すぐ

人気のあるお正月限定商品が、①ユーザーとの中長期的な関係作りのきっかけになるよう、②人気商品を逃して悲しい思いするファンを減らせるようメルマガ登録を案内。

以前、他Web接客ツールでバナーを活用していたが、チャネルトークに乗り換えたところ、閲覧からのメルマガ登録率が向上。チャネルトークのポップアップは、親近感のある話しかけができるため、機械的なバナーよりも認知しやすく、CVRも高いと考えられる(futureshopで構築した「伊藤久右衛門」の事例)。

All-in-one顧客コミュニケーションツール

チャネルトークは、ユーザーと企業をつなぐ「熱狂的ファンを作るAll-in-one顧客コミュニケーションツール」。企業が自社サイトに訪問したユーザーと直接話せる「接客チャット機能」と、いつでもユーザーとつながり続けることができる「CRMマーケティング機能」、ノーコードでチャットボットを作成して顧客対応を効率化できる「サポート強化機能」や数万件の問い合わせを簡単にカテゴリ化し把握できる「統計機能」を提供している。

年末年始はギフト需要が高まる時期であるばかりか、クリスマスコフレや福袋といった限定商品の販売が集中する時期でもある。すでに他社で実績が出ている成功事例をもとに、自社に合わせてカスタマイズして実行することで、忙しい年末商戦準備をより効率的に進めることができるのではないだろうか。

ECのミカタ通信22号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事