SMITH&FACTORYが「モノの場所を常に把握するロケーション管理システム」の提供を開始

ECのミカタ編集部

SMITH&FACTORY株式会社(本社:東京都文京区本郷4-1-1 菊花ビル7F、代表:大澤 琢真)は、「モノの場所を常に把握するロケーション管理システム」の提供を開始した。

工場管理・倉庫管理の課題解決へ

最先端のAI・ロボティクスの技術を活用したソリューション提供を行うTRUST SMITHグループ傘下の企業である、SMITH&FACTORY株式会社は、「モノの場所を常に把握するロケーション管理システム」の提供を開始した。

同社は、この技術によって自律搬送ロボット(AGV)の導入を検討する企業を始めとして、工場管理・倉庫管理に悩む現場における労働力不足の解消と人件費削減に貢献するとしている。

◆同社が想定する顧客

・卸売会社
・運送会社
・ECセンターの運営業者
・メーカー
・フォワーダー

技術の特徴

同技術は、センサーが自律搬送ロボットの位置を常にトレースし、常にモノの位置の最新データを管理システム上に表示するというものだ。具体的には大きく2つの特徴を持つ。

◆搬送担当者が迷う時間がゼロに

従来、作業者自身が「この種類の製品はここらへんに置いているだろう」という勘で配置およびピックアップを行っており、そのために「あれ?いつもはここに置いてあるはずなのに」といった「迷う時間」が発生することがあるが、同技術は、常にモノの位置をトレースするため搬送担当者がピックアップする際に迷う時間を限りなくゼロにすることができる。

◆配置およびピックアップの効率を最大化

同技術を用いて位置データをリアルタイムで管理することにより、データを蓄積することができる。蓄積したデータを用いて各工場/倉庫における配置場所を最適化することが可能だ。これにより、見えない非効率な作業を可視化し、効率化していくことができる。

逼迫するロジスティクスを最新技術で支援

公表に際して、同社では次のように述べている。

「近年、労働人口の減少に伴って、工場および倉庫における人材確保の課題は年々深刻化している。その一方で、新型コロナウイルスの影響によって『巣篭もり生活』を余儀なくされていることもあり、ネットショッピングの需要はますます高まり、生産量および配送量は増加傾向にある。すなわちこの現状は、工場および倉庫全体において激務化している現場が増え、労働者ひとりひとりの負担が大きくなってきていることを意味している。

工場や倉庫の中では常に製品や原料などのモノの位置が流動的に変化する。そして現状では運搬を担当する作業者の勘でモノの位置を把握している現場が多い。それがAGVや無人フォークリフト等の自律搬送ロボットを現場に導入する際の課題になっている。そこでSMITH&FACTORY は『モノの場所を常に把握するロケーション管理システム』を開発した」

また今後の展望としてSMITH & FACTORYは、最先端のAI・ロボティクスの技術を活用したソリューション提供を行うTRUST SMITHグループ傘下の企業として、工場を所有する企業へ、完全自動化への支援を行うとしている。

さらに今回の「モノの場所を常に把握するロケーション管理システム」に留まらず、将来的には特定の空間内において最適に荷物を配置するアルゴリズムの開発を目指すとしており、EC事業者をはじめとした企業へ新たな価値を提供することになりそうだ。

ECのミカタ通信22号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事